ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  事故実例

凍傷

軍手しつつ液体窒素扱っていたら,親指に被って慌てて脱ぐまでの間に半分くらい凍ってた.
やはり液体窒素を扱うときはそれ用を付けといたした方がいい.
という小学生並みの感想もとい反省.

しばらくお湯につけていたら痛みは改善したものの,後々どうなることやら.

なお,これと同じようなことをかつてお湯でやってますがな>オレ

スポンサーサイト
[ 2012/10/16 00:14 ] 事故実例 | TB(0) | CM(0)

オートクレーブで火傷

 先日紹介した本で、他にも無いかなあ、とか言いましたが、「そんなこと考えるなら自分で作るのがオタクの本分だ」と気づいたので、突如始めます。

 ・・・着実に増えていく、なんて事にならないことを祈りつつ・・・

 さて、では本題。

 オートクレーブで滅菌したビーカーやら何やらを取り出そうとした時のこと。結構強引に入っていて、危なそうだなあと思いつつ、軍手をして中身を取り出していました。大きめの三角フラスコをとり出した際、ガタッという音がした時に注意しておけばよかったのですが、あまり気にせず次のビーカーに手をかけてしまいました。

 持ち上げた時には被せてあったアルミの部分に溜まっていたらしい熱湯が手に。ビーカーを持っているので飛び上がるわけにもいかず、軍手にしみ込んだ湯は容赦なく手を熱しますがグッとこらえて、ビーカーを静置してから流しへ。

 結果、水膨れ気味になり、指二本の一日中ジンジンと響く痛みに耐えることになりましたとさ。まあ、防護と言ってもしょせん軍手。当てにせずに気をつけてやらなあね、ということで・・・。

[ 2006/04/05 22:52 ] 事故実例 | TB(0) | CM(0)
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア