ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  SEED DESTINY

最後の力

 さて、長かったSEED DESTINYも最終回。まあ、どうなることやらと思っていたわりには、意外にまとまっていたという感じでしょうか。

 それでは、最後くらい真面目に感想を書き残す感じでいきます。ネタバレばかりの上、長くなりましたが悪しからず。


スポンサーサイト
[ 2005/10/02 01:28 ] SEED DESTINY | TB(0) | CM(0)

レイ

 「事態は見えてきた。あとは簡単だ」と飛び出したラクス様は、大量破壊兵器『レクイエム』潰しを口実に総攻撃を開始。量も常識もぶっ飛ばすミーティア装着のSフリーダム&∞ジャスティスが大活躍。
 まあ、この展開は議長に言われるまでもなく分かっていた訳ですが。

 議長に呼び出されたレイとシン。にしても議長の呼びかけの仕方は馴れ馴れし過ぎでなかろうか。
 レイの意思表明は、毎度おなじみの内容なので特に取り上げる所は無し。一方で、シンの回想でセリフが増量していた感じですな。
 とりあえず、クルーゼがもう一人の自分ということなんで、アル・ダ・フラガのクローン作成時に大量に用意したということなんでしょう。何故十年の間をあけて発生させたのかは分かりませんが。クルーゼも自分の可能性を知りたかったのかねえ。

 シンの思考の部分の演出はなかなか面白かったのだが、相変わらず色々なシーンを持ち出すものだから、何がやりたいのか分からない。せめて旧作持ち出さずに済むくらいの経験をシンにさせて欲しかった・・・。

 で、今回のやっちまった展開は、やはりムウの「不可能を可能に・・・」でしょう。あれはプロのやることなのかな。良いシチュエーションだとは思うのですが、あまりに誰でも思いつくネタで意外性のかけらもなく、あまりに盛り上がらない。誰かひねくれ過ぎのおいらを助けて。

 遂にイザーク達が寝返り。やっぱりレクイエムの使用は腹に据えかねていたんでしょうかね。ラクスのことも分かっているはずだし。しかし、ここでもシホの出番はなしか。ちょっと喋らせりゃ、なかなかおいしいキャラになりそうなもんだがなあ。

 レクイエムにビームシールド設置していた上に、ネオ・ジェネシスか。議長、武力制圧やる気満々ですな。最後の最後で、危険な賭けに出てしまうのは種世界の悪役の癖なのか・・・。こういうキャラにはなって欲しくなかった。とはいえ、それじゃ終わらんのですが。

 ああ、そういえば、ルナ、死にませんでしたね。


[ 2005/09/25 00:26 ] SEED DESTINY | TB(1) | CM(0)

新世界へ

 滅茶苦茶政府広報的なマンガで、プランの周知活動を行なっているのには笑った。イグルー3話の『ヅダ』のやつと同じテイストだったのだが、意識してるのだろか?

 AA組が切羽詰まっている一方で、世界的には特にどうということもなく、オーブとスカンジナビアを除けば明確な反応無し。
 ここら辺は当然かねえ。いくら外見まで調整できるったって、運命まで規定できるかまでは本気で信じる人はそう居ないだろうし、普通に暮らしていたら関係ないと思うわな。

 クローンであることを告白してまで、シンを縛ろうとするレイ。まあ、もう時間無いしシンにフラフラされては困るので、問題なし。中途半端な迷いとかは無しで戦っておくれ。しかし、クルーゼが何故クローン作ったのか良く分からんなあ。

 で、”クライン立つ”ってわけですね。ものすごい大部隊。キラ・アスランが含まれることを考えれば、戦力的にロゴスよりやばい気が・・・。
 でも、前半の議長の手腕を考えると、これほどまでザフトないから離反者出すようなことになるかなあ、と疑問。
 まあ、オーブの戦力が危険すぎるのは前からなので、気にしないでおこう。

 レイが死ぬのかルナが死ぬのか知りませんが、イザークとディアッカの動きがものすごく気になります。アスランのことどう思っているのかねえ。描いてくれないかな。


[ 2005/09/17 23:35 ] SEED DESTINY | TB(2) | CM(0)

ミーア

 やってしまった、という感じ。ここにきて総集編(というより適当再編集版)をやらかすとは、実際に見るまで信じられませんでした。一応とは言え、看板番組じゃなかったのかと。

 日記に、議長のプランについてなんか書いてあるのかと思いきや何にもないし。何のために読んだのかと。日記晒され損じゃミーアも浮かばれないよ。

 先手を打つために画策していたはずなのに、結局、議長の発表を待って行動開始って、さぁ。これまでの振りは何だった訳ですか?
 これなら、AA組も見事に議長の手駒として働かされていて、ここにきて裏切られた方がずっと楽しい気がするのですが・・・。短絡的に過ぎますかね。

 しかし、議長も話が飛びまくりで、予測していた人にしか理解できないんじゃないか。DESTINY PLANが、世の中に知れ渡っている超有名な論文とかならいいけど。


[ 2005/09/10 19:06 ] SEED DESTINY | TB(3) | CM(2)

真実の歌

 ようやく手に入れたTHE ORIGINやらASTRAY Bを読んでいたもんだから、よく覚えてないや・・・などという言い訳は置いといて、記憶を掘り返してみましょう。

 初っぱなからキラが負けた言い訳をしていて笑った。少しでいいからシンのことを評価してやってくれよ。あまつさえ、アスランまでキラが負けるとは思ってもいなかったと軽く言ってしまっているのは、悲しい。

 何故銃の練習をと聞かれてレイについてきただけと答え、アスランの話題になったらロクな返答ができないシン。ああ、もう、こいつは何がやりたいんだ? なんか主張させてやってくれ。

 白兵で役に立つのはアスランだけなのに、出て行かせて大丈夫なのか? と思っていたら、わざわざ罠にかかりに行くとか言うのだから、アスランの気苦労は絶えない。やっとシン達から解放されたのに、ラクスの方が強敵だもんなあ。

 で、待ち伏せしていたのにアスランの超人的活躍の前に為す術も無いのは、なんなんだ。勝つ為の理由付けをしようという気がさっぱり無いのが、おそろしい作品だよな。主人公補正で十分ということか。

 まあ、バズーカとかを持ち出さなかったのは、あそこが月面都市であるということで納得するとしてもトラップとかは仕掛けないのかしらん。
 しかし、こんな細かきことを考えていたら、MSを簡単に持ち込んでしまえるという罠。だったら、多勢に無勢で追いつめられた所をムウもといネオが助けるとか、襲撃するのはあの女一人がMSで襲いかかってきて、そこをネオが助けるとかしてくれないか、な。
 ま、所詮はMS戦が見たいというロボ好きの戯れ言ですが。

 月面での白兵だから、6分の1Gな格闘戦を想像していたのは秘密。ナイフ片手に壁走りとかするアスラン・・・無理か。

 ミーアネタで引っぱりそうな予感がする次回予告。先が読めないのではなく、先を読ませないこのアニメの行く末はどこなのか、本当に気になりますね。

[ 2005/09/04 00:28 ] SEED DESTINY | TB(1) | CM(0)

変革の序曲

 この期に及んで、議長にけんかをふっかけようというAA組の意図がさっぱり分からんな。正式にオーブ軍に編入してもらってやることじゃない。せめて裏でこっそりと・・・無駄か。外交なんて言葉は無さそうだし。

 すっかり指揮官のレイともうよく分からんがいちゃつくシン&ルナ。やっぱ最初にゲイツRのパイロットをさくっと殺したのが間違いの始まりなんじゃなかろうか。いくら作戦とか言っても、三人じゃ決戦に臨むんでいるようにはとても見えんよ。
 ヴィーノの表情が視聴者の心情を示している感じだよなあ。

 第一中継点に攻撃をかけつつ本体に奇襲をかけるのは良いけど、奇襲組が本当に1艦のみなのはなあ。まあ、3機(実質2機)で基地殲滅できてしまう訳だけど。
 デスティニーとレジェンドの前ではデストロイ、ザムザザーなどが噛ませ犬にすらならない始末だし。多数対多数の戦いをそんなに否定したいのか?

 久々に登場のガーディ・ルーと共に消えていったジブリール。正直、まだ逃げようってのが素晴らしい。こいつもまた、アズラエルのように過去話が後々付加される運命にあるのかね。

 アカツキはネオに預けることになるのか。カガリが乗るよかマシだとは思うけれど、どうにもネオのこれまでの行動を省みることなく、2年前からいきなりムウがやって来たような扱いは腑にオチませんな。

 あー、本気でキラ達はもう何もしないでいていいよと思ったのは初めてだわ。

[ 2005/08/28 00:27 ] SEED DESTINY | TB(2) | CM(0)

二人のラクス

 アドリブ利かなくてミーア完敗。いつおこってもおかしくない状況だっただけに、カンペの裏に対処法を書いて置いて欲しかった。てゆうか、あれだと全然二人のラクスって題名が泣いてるよ。

 まあ、もともとラクスのキャラが大して世間に伝わっていないのが偽物がのうのうとやっていける原因な訳で、アイドル時代からもっと地を出すべきでしたな。それじゃ売れない気がするけど。

 議長批判を聞いて喜々とするジブリール。発言者はコーディネーターだろが、喜んでコンタクト取ろうとかすんなや。こいつの行動原理は初登場時からさっぱりワケワカンネ。

 レクイエムは凄いといっていいのか、非効率といっていいのかどっちなんだろうか。しかし、本土を問答無用で焼き払うのはなあ。鬱過ぎる。
 相変わらず戦争を描くとかいって、戦争の域を通り越すよなあ。終わりのラインを想定することはないんかね。

 イザークにグフ、ディアッカにザクが来ましたが、やっぱもう地味だ。ディアッカのは色も地味だけど。どうせならセカンドシリーズの機体(カオスとか)をくれてやりゃあいいものを・・・。虎ガイアのように色違いでまた玩具出せますよ?

 あのボロいノートだけで計画の内容を決めつけて、議長討ちを決める奴等は何なんだ。しかもそんな夢みたいな計画、数年規模ではどうにもならん気がするのだがなあ。とりあえず、責任取ってジブリール止めるのが先決じゃね?

 しかし、なんだ、盛り上げているんだよな、これ?

[ 2005/08/21 00:09 ] SEED DESTINY | TB(0) | CM(0)

反撃の声

 戦闘が余計な気がしてしまうのは何故なんでしょう? 

 レジェンドのドラグーンユニットが異様に高出力な上に背面に撃てたり、デスティニーがパルマフィオキーナ仕掛けて失敗したり、アスランが今までの憂さを晴らすが如くあっさりシンを退けたりと見どころはあったはずなんですが・・・。
 私が尻切れになるのを恐れているということかねえ。

 で、せっかく無理して出てきたアスランなんだけど、結局の所、発言の全てがシンに対するというより自分に向かっていっている訳でして、説得力がない。せめて回想を誰のものだか限定して使ってくれないと、単に画面を埋める為に使っているとしか思えない訳で、何がやりたいのか考える気も失せます。

 これじゃあ二年前の戦争が、単にラクス一派が好きをやってもいい基盤を手に入れる話で、登場人物には何も与えなかったかのようだ。

 それにしても、トダカさんをあんな風に殺してはならなかったと回想の度に思います。せめてシンに、自分をプラントに向かわせた人だと気づかせてから殺させるべきだったよなあ。まあ、このまま更生しないのなら、チャンスを逃し続けたという演出と言えるからいいか。(いいのか?)

 相変わらず、間違った艦隊戦をしていたAAとミネルバですが、何であそこまでルナを出さないのかと。シャトルが出るのを待ちかまえていたのか? 艦が沈む危険すらあったのに。タリアがどこまでやる気なんだかよく分からない、毎度のことだけど。状況判断自体は悪くないようなのに、戦闘指揮はイマイチ感がする。

 カガリの汚名挽回名誉挽回のチャンスかと思っていた演説が、ラクスに奪われてしまった・・・。
 しかし、議長はオーブにラクスがいることに驚いていたけれど、いつかはどうせこういう展開がくることは、ラクス消しに失敗している以上、予想できていた訳なんで、なんかミーアを本物に見せる準備とかあるのだろうね。これで何も無くて、墓穴を掘るとかは勘弁な。凡ミスで形勢逆転はもう見飽きたよ。

 つか、あの光景を見てイザーク&ディアッカは何を思うのか。ザフト内で真相に近づけるはずの彼らに期待したいのだが、国を守る為に戦い続けるだけなんだろうなあ。それはそれでいいんだけどさ。
 今度はデストロイとか新型MAとかが相手になりそうな予感がするが、生き残ってくれよ。

[ 2005/08/13 21:09 ] SEED DESTINY | TB(1) | CM(0)

自由と正義と

 またしても出撃オチなのかあ・・・orz なんだが新ユニットが出る度にビクビクしながら見ている自分がいます。ドムはなあ、笑う所だよね、きっと。

 なんか前回(二週前ですが)のシーンにかぶせて新しいのが入ると、何だかペテンにかけられた気がするのは気にし過ぎなんだろうか? 時系列がもうよく分からない。

 すこーしだけ希望を持っていたシンvsカガリですが、見事に中身の無い戦闘に・・・。理念とか問い詰めてくれよ、シン。主人公だろう、問答あってのガンダムだろう! 言うことは「大した腕もないのにぃぃ」かよ(爆
 お互いが乗っていることに気づいたらしいのが救いなのかな。シンとしては、謎の大将機にカガリ搭乗は予想がつく。が、カガリはいつシンと分かったのか。いまひとつ見えなかったので、分かった人がいたら教えてください。

 で、お手て繋いでピンチに登場するキラ。やっぱり笑う所だと思う。またしてもカットインかよ。突入も楽になったもんだ。あんなにゆったり降下できるなら、離脱も可能なんじゃあるまいか?

 しかし、Sフリーダムとディスティニーの戦闘は決め手に欠けるなあ。PS装甲自体やばいものだったのに、ビームシールドの出現でいきなりUC120年代思想に。ビーム貫通可能なヴェスバーの登場を求む。・・・可変機登場は何だったのだろうか(遠い目
 これでもう、ディスティニーにビーム砲は要らなくなった訳で、やはり武装はパルマフィオキーナとアロンダイトだけでよいのではないかと思う、今日この頃。

 不可能を可能にする男・・・。本当にあり得ないだろ、こんな展開。種のラストは何だったのさ。格好良いけどすぐ死ぬんじゃないよな。

 今日の話は、気合いがあれば何でもできるということかい>アスラン

[ 2005/08/06 20:41 ] SEED DESTINY | TB(1) | CM(0)
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア