ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  本のまとめ

300記念

に振り返ってみようかと思ったけど、題名を並べたところで挫折。
分かった事は自分の題名の付け方がいかにいいかげんかということ。
なんだかわけわからんが、とりあえず貼っとく。気になる人はブログ内検索でも使ってみて下さい(えー


スポンサーサイト
[ 2007/11/30 01:15 ] 本のまとめ | TB(1) | CM(0)

『ハイペリオン』連作

ハイペリオン
ハイペリオンの没落
エンディミオン(上)
エンディミオン(下)
エンディミオンの覚醒(上)
エンディミオンの覚醒(下)

 えー、長いです。頑張って読んで下さい。

 過去に遡る人生とか、ハイペリオンとエンディミオンの間の断絶とか、遥か未来で発生するかも知れない”神”とか、数々の禅問答とか、まあ、いろいろありましたが、”憶えている未来”の辛さを受け止めつつあそこまで進み続けたアイネイアーの人生には感銘を受ける。

 そんなお話です。概ね。

 とりあえず、ハイペリオンまででハードカバーで読むのを諦めた軟弱は許して下さいorz

[ 2006/09/19 21:02 ] 本のまとめ | TB(0) | CM(0)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

同名アニメのノベライズ。流れも本編に忠実で、特別削られている部分は(記憶の限りで)ないと思われる。総集編の独白シーンまであったりする。
心理描写追加がされている分、キャラの心情が分かりやすくなっている。
メカ設定や移動経路図有り。巻末の解説を声優が書いていたりするのが特徴的。

1.怒れる瞳
2.さまよう眸
3.すれ違う視線
4.示される世界
5.選ばれた未来


以下駄文

[ 2006/04/25 01:13 ] 本のまとめ | TB(0) | CM(0)

新機動戦記ガンダムW

神代創によるノベライズ。全5巻。
基本的にテレビ版のシナリオに準拠。ただし、終盤及びエピローグ部分が異なり、EndlessWaltzと繋がらなくなっている。
また、脇道のエピソードが削られており、アレックス&ミューラーが登場しないなどの変更がみられる。
美樹本氏による口絵のみで、挿し絵は無し。本文中にはキャラとメカニックのプロフィールが入っている。

OPERATION1 始動
OPERATION2 矜持
OPERATION3 故郷
OPERATION4 彷徨
OPERATION5 終焉


以下駄文

[ 2006/02/16 23:36 ] 本のまとめ | TB(0) | CM(0)

アベニールを探して

 日本に突如現れた人型マシン"アラフマーン"とそのパイロットが語ったアベニール。パイロットが死ぬ現場に居合わせたオノレは、この2つの謎を追いかけて、宇宙へ上がり、月の裏側まで行くことになる。

 始め方、終わり方を振り返ってみると、オノレがどういう環境で育ってきたのかが描かれていて入りやすい一方、終わりは例によって「あれっ?」という感じで、満足していいのか悪いのかよくわからん状態に。
 まあ、個人的には読めただけで満足なので、良いか(良いのか?)。

アベニールを探して1
アベニールを探して2
アベニールを探して3

[ 2005/12/31 18:15 ] 本のまとめ | TB(0) | CM(0)

ジャイアンツ・スター三部作

 なんとはなしに手を付けたものの、確かに名作と言われるだけあって、かなり楽しめた作品。この、どこまでが事実に基づく部分で、どこからが虚構なのかわからなくなっていく感覚がとてもよい。突然おかしな惑星の話を始めたら、変な人だと思わずに、「SFに嵌り過ぎたな、こいつは」という感じで、優しく受け止めてやって下さい。


星を継ぐもの
ガニメデの優しい巨人
巨人たちの星

 で、このシリーズ最大の功労者は、主役でも狂言回しでもない、生物学者のクリス・ダンチェッカー教授だと。(断言)

 初めはただの頭の堅いオヤジと思わせておきながら、ハントと共に宇宙に飛ばされてからは切れ者ぶりを遺憾なく発揮し、一作目、二作目ではラストの種明かし役を務める。三作目では話が科学からそれる事も多かった所為で、新キャラのカレン・へラー女史に美味しい役を取られがちだったものの、ランビアンの作戦を読み通す活躍。

 何より、注目なのはそのツンデレっぷり。ヘラーに思っても見なかった説を語られ、一度は無下に切り捨てて三十分後、

「ああ、さっきは……どうも失礼」「あなたの話には、なるほど聞くべき点がなくもないようです。あの結論は、もう一歩突っ込んで検討するに値します。早速、他の連中と話しあってみることにしましょう」
(『巨人たちの星』p270)


 ガンコオヤジ、萌えー、萌えー!

 一作目からその兆候はあったにも関わらず、ここまで気づいてやれなかった私の力量不足が悔やまれます。こんな楽しみ方もあるホーガンの巨人シリーズ三部作。読んでみたいとは思いませんか? <こんな読み方しない方が幸せです

[ 2005/12/05 23:32 ] 本のまとめ | TB(0) | CM(2)

A君(17)の戦争

 まだシリーズ終わったわけではないけれど、取り敢えず出てるところまで読んだっぽいので。後はおいおい追加する方向で。
 完結してるものと思い込んで手を付けたのに・・・。いつ終わるんだぁ~。

1 まもるべきもの
2 かえらざるとき
3 たたかいのさだめ
4 かがやけるまぼろし
5 すすむべきみち
6 すべてはふるさとのために
7 はたすべきちかい
8 うしなうべきすべて
9 われらがすばらしきとき

[ 2005/11/15 18:23 ] 本のまとめ | TB(0) | CM(0)

機動戦士Ζガンダム

第一部 カミーユ・ビダン
第二部 アムロ・レイ
第三部 強化人間
第四部 ザビ家再臨
第五部 戻るべき処

 とんでもない拙文ではありますが、一応通して書き終わったということで、読みやすいよう飛んでいけるようにしてみました。
 基本スタンスは、流れをザッと追っていき、あとは気になった部分を引用&感想という感じになっております。
 まあ、その量がまちまちなのは時間のかけ方が違ったということで、ご了承下さい。

 また、突っ込み希望ってことで、一つ宜しく。


[ 2005/09/12 23:13 ] 本のまとめ | TB(0) | CM(0)
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア