ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  2005年09月

明日は気をつけましょう

 種デス最終話は通常より30分早い、5:30からなのでのでご注意を。
 いや、まあ、もう諦めたという人に無理強いはしませんがね。

 ついでにメモってあった文章を上げとく。ホントしょうもない文なんで、暇かつ寛大な精神の方だけどうぞ、と。


スポンサーサイト
[ 2005/09/30 23:55 ] 妄言 | TB(0) | CM(0)

虎か

野球なんて延長しなきゃいいと思ってる人ですが、何故か優勝シーンを見ていたり。単に他がつまらなそうだっただけか。
しかし、このまま巨人と阪神の立場が逆転していったりするのじゃろうか?

・冒険王ビィト(終)
まあ、題名だけ変わって、続く訳ですが。
グリニデ様亡き後も、何となく視聴続けてしまったんだよなあ。バトル系ではあるにも関わらずついてまわる、緩さがよかったんだろか。

・ケロロ
ヴァイパー(の遠い親戚)登場。ケロロとかがいる時点であれだけど、つくづく冬樹君のために存在する世界だな。どこまで自然にオカルティな状況があんねん。
で、友情では何も買えないけど、決して無下にはできないのがケロロ。この辺が物語に救いを与えてるのだね。
ちなみに、ヴァイパーの母艦がドッゴーラしてて笑った。あの機能知らないとスパロボで、HP回復大持っていても、訳分からんよなあ。

[ 2005/09/30 23:30 ] TV | TB(0) | CM(0)

テレビアニメ魂

山崎敬之 講談社現代新書

 元「東京ムービー」のシナリオ制作、現在フリーのアニメプロデューサーがかつて送った、熱い現場の日々について書かれている本。
 ちなみに、『巨人の星』『新・オバケのQ太郎』『ベルサイユのばら』『アンパンマン』などを担当。また、『アタックNo.1』の「だけど涙が出ちゃう 女の子だもん」な主題歌を書いたのも筆者だそうだ。(思い出すだけで冷や汗が出るそうですが)

 内容はシナリオを巡る様々なドラマ。長浜監督ってホントキャラクターとしてオモロイ人だったのだと再認識。

 まあ、単なる苦悩だけでなく、視聴率がとれなくて打ち切られる話とか、率はとれたのに玩具が売れなくて打ち切りとか、率も玩具もそこそこ上手くいってたけどこれ以上の売れ行きが期待できないから打ち切りとか、外国のアニメ会社に手を貸してやったのにクレジットにひとかけらも載せてもらえなかったとか・・・・。
 もう、禿でなくても関係各位の家に放火したくなるような話がぞろぞろ。いやあ、よくもまあこんな仕事続けたものだと、脱帽であります。

 「東京ムービー」を退社する前に手がけたアンパンマンは、アニメを楽しむ主役である子供のためと思い、筆者が企画を立ち上げ、日テレ社員の必死の協力により実現したとのこと。幼少の時分見ていた身としては、なんかわけもなく感謝したくなる。
 しかし、6,7時枠がとれなくて、通常再放送が入る5時代の放送になったとは。純粋に子供向けなら5時くらいの方がよいと思うのだが、そういう感覚とかも局の人間にはないのかなあ。


[ 2005/09/30 23:04 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

さらばタチコマ

 マスコミに踊らされる新人議員もどうかと思うが、散々焚きつけておいて叩き倒すマスコミの手法もなんとかならんものかと、今更ながら思う今日この頃。

・MONSTER(終)
マンガと全く同じ進行ながら、見事な演出で見続けさせてくれた作品でした。
わかっていたけど、ヨハンが最後、テンマに「どっち」と問い掛ける所はマジで怖かったわよ。

・攻殻2nd(終)
何で二作続いてラストにタチコマは逝ってしまうのであろうか(;つД`)
いつかは『AI戦隊タチコマン』を作っておくれよ。マジで。
で、まあ、なんかラストで官房長官とゴーダのセリフのなかに言いたいことを詰め込んだ感じでしたが、無いと何でああいうことを始めたか分からんので仕方ないか。
にしても、地上波では出番のなかった米帝籍日系人ワタナベ・タナカとサトウ・スズキ(名前疎覚え)が突然登場したのは噴いた。

・フルメタ
ハンターの所にいって、事故って、任務から下りるところまで。
シリーズ開始時に、マオとテロリストのねーちゃんに接点を作ったおかげで、ラストの宗介の目とフラッシュバックできたところが印象的。展開よく練られてますなあ。


[ 2005/09/29 01:39 ] TV | TB(0) | CM(0)

こっそり

 講演会の応募が始まっていたので、申込む。

 で、どうやら無事ゲットできたらしいので報告。ああ行くさ、行きますとも。



[ 2005/09/29 01:15 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

姓名判断

某ブログでこんなん見かけたのでやってみた。

総画32画 天与の最吉型[大吉]
五行的性格 火タイプ
人生の傾向 独創的なアイデア師
ギャンブル運 勘に頼って大博打
恋愛タイプ 顔に似合わずよくもてる、口がうまい
惹かれる女性のタイプ アダルトな魅力を持つ女性


あと、なんかツキに恵まれるらしく、大きな目標を持てってさ・・・。

当たっていたらよいですなあ。つか、皆さんこれ見てどう思いやす?


[ 2005/09/28 01:52 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

情けね

季節の変わり目に確実に体調を崩しております。プールがやばかったかなあ。

・アクエリオン(最終回)
とりあえず、強攻型アクエリオンのおかげで皆(ジュン除く)に出番があって良かった良かった。なんだかんだでピエールおいしいなあ。
最後は、憎しみから解き放たれて、自己犠牲エンドだったわけですが、人と天使が力を合わせて地球を救うっていう方向性が唐突な感じがした。もう少しその辺の伏線が欲しかったかな。というか、この話は、分かり合うことがテーマだったのかしらん。
ま、充分に楽しませてもらったので、いい作品だったと思います。

・ガン×ソード
みんな顔が怖いよ・・・。
鉤爪の人の理想はあまりに巨大過ぎて、直接恨みを持つ人には到底ついて行けない気が・・・。まあ、目標が特になくて、直接被害を被らないなら、ついていきそうですが、私の場合。
文脈から判断するに、やっぱエレナ達はオリジナルセブンで、ダメと鉤爪に思われて殺されたんかなあ。
さて、ヴァンはダンのスーパーモードを使いこなせるようになるのでしょうか?(多分違う)

[ 2005/09/28 01:04 ] TV | TB(0) | CM(0)

HGUC ガンダムTR-1 [ヘイズル改]

 『機動戦士Ζガンダム』の世界を舞台にしたオフィシャル・サイドストーリー『アドバンス・オブ・Ζ~ティターンズの旗の下に~』(電撃ホビーマガジン連載)に登場するMS。

 UC0084年に最新技術の実験機として建造された『ヘイズル』が、ジオン残党との交戦により大破した際に大幅改修されたもの。全天周囲モニターやリニアシートが導入された新世代のMSとなっている。
 因に、愛称の『ヘイズル』はウサギ好きの隊長が『ウォーターシップ・ダウンのうさぎ達』に登場するものから付けている。

 とまあ、解説はこんなもんで、後は作った感想。

 肘が二重関節になっていて、上腕と下腕がくっつくとこまで曲がります。よって、背中のサーベルに余裕で手が届く。1/144でこんなことができるとはねえ。古いやつを作った後だと余計に感動します。

 足首も工夫がされていて、接地性良好。前方に特に良く曲がるので、足を踏み出したときでも、後足がしっかり踏ん張れます。

 合わせ目消しが必要だと思ったのは下腕と腿、肩くらい。上手く隠されています。フロントスカートは繋がってはいますが、ペンチかなんかでぶった切るだけで、左右独立可動に出来ます。出っ張りがついているので、抜け落ちる心配も無し。


[ 2005/09/27 01:02 ] プラモデル | TB(0) | CM(0)

ミトコンドリア・ミステリー

林純一 BLUE BACS

 ひたすらにミトコンドリア研究について書いてある本。300ページ弱全体がミトコンドリアの話という、大変熱いものである。

 筆者の研究成果から、ミトコンドリアと癌、ミトコンドリアと老化についての真偽を追う様子が書かれている。
 初めは真剣に関係があるような仮説について書かれているので、始めの方で読むのを止めたら、すっかりミトコンドリアが悪者かと信じる所でした。
 が、筆者の研究結果から見る限り、ミトコンドリアDNAには原因はない模様。核DNAの方が、コピー数が少ない分だけダメージに弱いそうで。

 結論だけだと簡単なことなんですが、この本の見どころは、筆者のサイエンスにかける姿勢とか研究方法についてかと。
 論文不完全な所を見つけて、より完全な証明をして見せたり、一般に信じられている仮説に対して反旗を翻したりと、ものすごく格好良いです、この人。

 簡単そうで、こんな風に着実な実験をこなしていくのって難しいんでしょうなあ、と思った。科学者のみんながみんな、科学的に考えていたら、闇雲な信奉者とか生まれんだろうし。

 にしても、偶然上手くいった研究が後に大きなものになるとか、偶然の出会いが後で役に立ったとか、多いのかねえ。運も実力の内か・・・。
 あー、運を引き寄せるだけの力が欲しいよ、ママン。

[ 2005/09/26 01:45 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

ただ、かなしい

ΖGII-恋人たち-カップル限定プレミア試写会
>応募および参加条件:当選者および参加者は原則として「異性の同伴者を組み合わせとした2名1組」となります。

当たるかどうか以前に応募資格がねえ・・・orz
つか、御大は大勢のカップルを前にしてどんな話をするのだろうか? 来た人々を思いっきり困らせそうな気が。

まあ、こんなことばかり気にしているから、まともな人間関係を作れないのじゃろうて。

[ 2005/09/26 01:01 ] 日記 | TB(0) | CM(3)

日曜9/25

森前総理が新人議員の発言に苦言を呈している姿に対して、「お前に言われたらお終いだ」と言ったコメンテーターがツボです。(挨拶)

・エウレカ
 自分の価値観押し付ける奴ってのは、嫌いだなあ。というわけで、そこんとこにレントンが気づく話で、やっと少しは成長してきたかなと。
 ここまでくるのに随分と待たされたなあ。

・ヒビキ
 響鬼・装甲登場。ディスクアニマルを装備するのは面白いかも。
 しかし、変身できたのは特訓の成果かも知らんが、剣使えるようになったのは、あの人たちのおかげなんじゃあ・・・。
 で、あきらは?

・ゾイド
 ザイリン様が真面目に働いている!? かつてのザイリン様なら、予想しているふりをしながら馬鹿正直に攻めそうなものなのに・・・。あれか、今までは疲れてて、本領を発揮できていなかったんだ。休暇に感謝ですな。
 さて、チームに結束は生まれるのかしら。


[ 2005/09/25 10:50 ] TV | TB(0) | CM(0)

レイ

 「事態は見えてきた。あとは簡単だ」と飛び出したラクス様は、大量破壊兵器『レクイエム』潰しを口実に総攻撃を開始。量も常識もぶっ飛ばすミーティア装着のSフリーダム&∞ジャスティスが大活躍。
 まあ、この展開は議長に言われるまでもなく分かっていた訳ですが。

 議長に呼び出されたレイとシン。にしても議長の呼びかけの仕方は馴れ馴れし過ぎでなかろうか。
 レイの意思表明は、毎度おなじみの内容なので特に取り上げる所は無し。一方で、シンの回想でセリフが増量していた感じですな。
 とりあえず、クルーゼがもう一人の自分ということなんで、アル・ダ・フラガのクローン作成時に大量に用意したということなんでしょう。何故十年の間をあけて発生させたのかは分かりませんが。クルーゼも自分の可能性を知りたかったのかねえ。

 シンの思考の部分の演出はなかなか面白かったのだが、相変わらず色々なシーンを持ち出すものだから、何がやりたいのか分からない。せめて旧作持ち出さずに済むくらいの経験をシンにさせて欲しかった・・・。

 で、今回のやっちまった展開は、やはりムウの「不可能を可能に・・・」でしょう。あれはプロのやることなのかな。良いシチュエーションだとは思うのですが、あまりに誰でも思いつくネタで意外性のかけらもなく、あまりに盛り上がらない。誰かひねくれ過ぎのおいらを助けて。

 遂にイザーク達が寝返り。やっぱりレクイエムの使用は腹に据えかねていたんでしょうかね。ラクスのことも分かっているはずだし。しかし、ここでもシホの出番はなしか。ちょっと喋らせりゃ、なかなかおいしいキャラになりそうなもんだがなあ。

 レクイエムにビームシールド設置していた上に、ネオ・ジェネシスか。議長、武力制圧やる気満々ですな。最後の最後で、危険な賭けに出てしまうのは種世界の悪役の癖なのか・・・。こういうキャラにはなって欲しくなかった。とはいえ、それじゃ終わらんのですが。

 ああ、そういえば、ルナ、死にませんでしたね。


[ 2005/09/25 00:26 ] SEED DESTINY | TB(1) | CM(0)

ゼットン登場

 わざわざ侵略予告までして、行動開始するゼットン星人。しかし、こいつも使役している宇宙恐竜と同じ名前とは、考えてみれば不憫な奴。

 んで、潜伏やら変装が大好きなゼットン星人だけあって、今度は一万年も準備していた模様。超能力人間をつくりだし、人類の防衛機構を破るという発想は良いのだが、だったら文明が発達するまえに怪獣送り込んどけよと言いたい。
 あ、あれか、ゼットンにバリアを覚えさせるのに時間がかかったとかか。

 しかし、くノ一にライトセイバーは苦笑。何あのコスプレ。

 さすが、最強と銘打つだけあって、ゼットン強い。殴っても効かないし、飛び道具はバリアで完全防御。必殺技も防がれ、エネルギー切れのマックスを新たなウルトラマン、ゼノンが救う。ついでに新しい道具も持ってきて、それによりゼットン撃退に成功。

 まあ、何と言うかアストラにしか見えなかった訳ですが。ホントに旧作ウルトラマンが来るのも微妙と言えば、微妙ですけど。
 でもなあ、ゼットン相手だと是非人間にがんばって欲しかったなあ、と。

 ところで、あの火の玉はまたしても一兆度の設定なのか、どうなのか<どうでもいい


[ 2005/09/24 09:02 ] マックス | TB(0) | CM(0)

無事に

 またしても泳ぎに行かされた・・・。祝日に一般開放なぞしおってからに、タ○プスポーツめ。
 とはいえ、流石に痛い目見たくはないので準備運動もしっかりしたさ、ええ。しかし、バタフライが全く出来なくなっているのが泣ける。

・ケロロ
エヴァ最終回、イデオンガン、ボールなどなど、えらくネタが満載だった。感動ものの良い話も良いけど、こういうネタ系も好きだなあ。
話としてはタママのキャラを前面に押し出した感じ。あそこまでひねくれているのは、個人的には嫌いじゃないぜ。
しっかし、後半のは全編「おじさま」「モア殿」で終わらせて、視聴者にも嫉妬を溜めさせる話かと思ったよ。

・Ζ
宇宙を駆ける最終回。
多くを語る気はしませんが、本当に痛々しいほどに壊れてきているカミーユの姿がなんとも。これを劇場版はどう変えるのか。凡人の私にゃ到底考えも及ばんね。

ところで、後番がファーストってどゆことよ。ΖΖとか、Vとか、ダンバインとか、ダイターンとか、いろいろ富野アニメはあるだろうになあ。

[ 2005/09/23 23:48 ] TV | TB(0) | CM(4)

スパロボJ

クリア完了。
全52話でした。結構ボリュームあった様に感じました。

ラストメンバーは
・ブリガンディ(カルヴィナ&カティア)
・シャッフル同盟+レイン
・フリーダムMDM
・ジャスティスMDM
・勇
・比瑪
・依衣子
・アーバレスト
・マジンカイザー
・ゼオライマー
でした。
終盤はMAPメイオウ攻撃連発で、雑魚一掃と共にボスの削りをやって、ラブラブ天驚拳か同盟拳でトドメ。

見事なまでに隠し機体をとり逃しているようなので、次回は情報集めてからやるかねえ。


[ 2005/09/23 00:50 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

北里大はエライ

「宇宙一受けたい講義」
>あのガンダムを生み出した
>「富野由悠季氏講演会」開催決定!!!!
>来たる10月22日(土)13:30~15:00(開場13:00)富野由悠季氏講演会を開催致します!

Ζ2の一週前だが、いかなければならない気がする。
大丈夫だろうか、俺。

というか、一月にも呼んだ訳だから、この大学には熱心な信者でもいるのだろうか?

[ 2005/09/22 15:23 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

終わりが近づいてきた

バンテリンて効くもんですね。攣ったアキレス腱が何ともないぜ。


・アクエリオン
ラスト一つ前と言うことで、いろいろと謎が解き明かされました。
セリアンが兄貴も含めてってのは全く予想していなかったなあ。三人目のエレメントのこととかこれだけ謎のままにしておきながら、特に気にならなかったのは、馬鹿アニメとして見てたからだろか?
取り合えず、グレンとシリウスに合掌。まさかシリウスまで死ぬとはなあ。

・ガン×ソード
コチラも折り返しでいろいろと分かってまいりました。目指す所は若干分かったのだが、何でエレナが殺されなきゃいけなかったのかが謎。
オリジナルセブンを呼び出すときにそれぞれ違う得物を使うのを見て、ランスとかレイピアとかいるのかなあ、と思った私はスパロボやり過ぎ。

・フルメタ
かなめが逃げ回る話。いくら何でもバスローブが破け過ぎじゃなかろうか。
アラストルも登場して、予定通り首の骨ぽっきん。やっぱ性別変える必要はなかった気がする・・・。

・タイドライン・ブルー
少しはキールが成長したってところなのかねえ。グールドの考えが変わることがあるのか、どうなのか。つか、どうオチをつくるのだろか。


[ 2005/09/22 15:18 ] TV | TB(0) | CM(0)

マンガでわかる最新ポストゲノム100の謎

野島博[著] 石田まき[絵] 化学同人

 ポストゲノム・遺伝子組換え作物・DNA鑑定・クローン・再生医療・遺伝子治療等についてのコラムとそれに関するマンガをセットにして解説している本。
 見開きの左に文章、右にマンガになっているので、片方だけ読んで次へ行ってしまう可能性があるのがこのテの本の弱点かもしらんね。

 なんつっても、1ページずつしか文章がない訳で、よく話は聞くけど何のことだか分からなくてついて行けない人の役には立ちそうですが、細かいことは期待しない方向で。
 しかし、たまにいやに難しいことが書いてあったりするのだよなあ。この尺じゃ理解できんよ。

 マンガは線の細い美形キャラ多し。デフォルメも結構使っています。(どうでもいいね)
 まあ、純粋に解説的な文字の多いものもあれば、物語っぽいものもあります。クローンネタとかだと結構極端なのもあったりするけど、ペットや子供の再生とかマジで望む輩おるのかねえ・・・。

 というわけで、擬人化卵子たんハァハァ遺伝子銃って銃刀法に触れるのだなあ、というのが読んだ甲斐であった本でしたとさ。


[ 2005/09/21 15:05 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

なんとか、かんとか

 ようやくにしてXBOXの感想全話分上げ。一旦通して見た後に、書き始めたものだから激しく進みが遅かったなあ。あれだ、最終巻に入っている予告集を見ながら書けば良かったんだ(流石に無理

 とはいえ、まあ、やり遂げられてめでたしめでたし、と。

 で、通しての感想ですが、終始むだのない流れで、これぞプロの仕事だなあと思いました。一人で39話書き上げた川崎さんはすごい人。なんぼやっても、まともな構成を立てられ無いどこぞの脚h(以下自粛

 あ、あと、感想文の中で時々おかしなこと言ってたりしますが、そこはネタをネタとしてご理解いただきたく・・・。


[ 2005/09/20 19:17 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ガンダムX 13

D.O.M.E.編 その2

第三十八話
私はD.O.M.E.…かつてニュータイプと呼ばれた者
"I'm D.O.M.E... A person once known as a New Type."(D.O.M.E.)

 月を巡っての戦闘が開始。わーい、大規模戦闘だあ(ダメ人間)。ってか、核ミサイルっぽいものまで使用されとるよ。さっくり使われているのが凄いな(汗
 クラウダがビームに強いからって、クローで何とかするフロスト兄弟・・・そういう問題か? まあ、ガロードもライフル壊されたあとはサーベルも使わず殴ってたから、ここはそういう世界ってことで納得しとこ。

 出撃前に今後どうするかを尋ねられて、「私は、ガロードと一緒にいます」。パーラでなくても、「ちぇっ。ぬけぬけと言いやがんな!」と言いたい。くそぉ、良いもん見せてくれるぜ。

 サテライトシステムを脅しに使って、戦闘空域のど真ん中をつっきる作戦に出るフリーデン。キャノンと同様にマイクロウェーブも危険とういことで、本当にD.O.M.E.みたいなよく分からんシステムに任せていいものかと、少々悩む。それにしても、全編通してサテライトシステムというアイデアを使って、話を作るのはお見事ですね。

 んで、遂にD.O.M.E.登場。当時の誰もが思ったと噂されるので、一応書いとく。
ナレーションかよ。
(この出来事により、一部ガノタの間では、よく分からない黒幕のことを『ナレーション』と呼称することがあるらしい。)<あまり本気にするな


最終話
月はいつもそこにある "The moon is there always."(D.O.M.E.)

 というわけで、D.O.M.E.から一つの答えが提示される最終話。それが、NT否定ということで、賛否両論あるわけですが、私はなかなか好きですね。NTのような特殊な力を望むより、ガロードのような行動力が大事だとしたところとかが。

 最後はツインサテライトキャノンとサテライトランチャーの撃ち合い。マニュアルに切り替えたはずのシステムが、再びD.O.M.E.の制御下に戻るという奇蹟により、フロスト兄弟の野望は潰える、と。大破したDXが流れていく様は、かなり自分としては名場面。

 そして、半年後。「Human Touch」の流れる中、エピローグ。アニメで英語の歌詞はどうかと思っていたけど、いい曲だわね。
 最後の最後だが、テクスよいキャラ。困ったときには一杯のコーヒーを。


[ 2005/09/20 19:00 ] DVD | TB(0) | CM(0)

あイタたた

 久しぶりにプールに行って泳いだ。
 一時間ほど泳いだ後に、全力でばた足した際に見事アキレス腱が攣ったとです・・・。十数年ぶりなもので、どうしたらよいかわからんくなっただよ。
 やっぱ運動不足なんじゃろうなあ。

 で、それ以外はスパロボ三昧なので書くことがない。ので、温存していたネタを放出。
あなたのガンダマー度チェック!

あなたは 114.7%
ガンダマーです。

◆パプティマス・シロッコLv◆
あなたはきっと木星帰りなのでしょう。
MSの設計、MSの操縦共に一級品です。
また、上司に取り入るのがうまく、異性にモテモテかもしれません。
しかし、人を見下す傾向があるので、本性を出すのは控えた方が無難です。

ラッキーカラー:黄色 ラッキーアイテム:ジュピトリス 執念深さUP


 100越えるのはどうなのかと思うが、ね。パプティマス様なのは喜ぶところなのかどうなのか・・・。


[ 2005/09/19 18:03 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

日曜9/18

 久々に早起きできましたよ、と。

・エウレカ
ランバ・ラル編。今までの暗い雰囲気もどこへやらで、安心して見れました。
やっぱ、小杉が良いな(そこかい

・マジレン
一時間ごとに記憶リセットは、なかなかよい嫌がらせですね。いちいち説明してるマンドラ坊が切ないよ。
相変わらず巨大化すると負けますか、そうですか。
で、何あの二人は 魔化魍育てているのかと。特撮の人はあの場所好きなんかね?

・ヒビキ
脚本が変わって騒ぎになっていたようですが、別に気にならなかった感じ。まあ、確かに桐谷といい布施明といい、なんか極端すぎる人物になっているような気もしますが。
あとは、剣のネーミングが今までとずれている感じがするのも事実だわな。
新型童子が今まで以上に面白キャラなのは大変良いのだが、威吹鬼さんがヘタレになって今っているのがなんともはや・・・。移動が速いのは・・・まあ、いいや。

・ゾイド
ザイリン様の過去が明かされた。ホントに実力でのし上がった人なんだなあ。今までのうすら馬鹿っぷりは何だったのだろうか。信じられん。
で、旧友や自然破壊の様子を見て、今更ディガルドの政策に疑問を持ったりはしないよね。まあ、ザイリン様だから大丈夫か。
寄せ集めだけあって、全く統制がとれないおじさまサイド。「初戦が大勝だったのは失敗だった」というのは、なかなか。

[ 2005/09/18 09:24 ] TV | TB(0) | CM(0)

うちのエースは

 エースというほど偏らないのだよなあ。結構、比瑪はあてにしていますが。

 現在21話クリア。主に使用しているのは、
・主人公機(ベルゼルート)
・シャッフル同盟
・キラ
・ムウ
・ブレン
・レイズナー
・宗介
 他は気分とか、強制で。結局のところ一週目はスパロボっぽい奴は使わないのが私流。エステバリスは換装がめんどくなって途中から使わなくなったなあ。

 中盤での種関係が水中戦ばかりだったので、ソードストライクにアクアモジュール付けてぶった切りまくった。ビームが使えず、ロクに応戦できないGどもを容赦なく切り捨て。しかし、最近はめっきり力不足だ・・・。早くフリーダムが欲しい。

 そういえば、まだラムダドライバ使えないなあ。


[ 2005/09/17 23:51 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

新世界へ

 滅茶苦茶政府広報的なマンガで、プランの周知活動を行なっているのには笑った。イグルー3話の『ヅダ』のやつと同じテイストだったのだが、意識してるのだろか?

 AA組が切羽詰まっている一方で、世界的には特にどうということもなく、オーブとスカンジナビアを除けば明確な反応無し。
 ここら辺は当然かねえ。いくら外見まで調整できるったって、運命まで規定できるかまでは本気で信じる人はそう居ないだろうし、普通に暮らしていたら関係ないと思うわな。

 クローンであることを告白してまで、シンを縛ろうとするレイ。まあ、もう時間無いしシンにフラフラされては困るので、問題なし。中途半端な迷いとかは無しで戦っておくれ。しかし、クルーゼが何故クローン作ったのか良く分からんなあ。

 で、”クライン立つ”ってわけですね。ものすごい大部隊。キラ・アスランが含まれることを考えれば、戦力的にロゴスよりやばい気が・・・。
 でも、前半の議長の手腕を考えると、これほどまでザフトないから離反者出すようなことになるかなあ、と疑問。
 まあ、オーブの戦力が危険すぎるのは前からなので、気にしないでおこう。

 レイが死ぬのかルナが死ぬのか知りませんが、イザークとディアッカの動きがものすごく気になります。アスランのことどう思っているのかねえ。描いてくれないかな。


[ 2005/09/17 23:35 ] SEED DESTINY | TB(2) | CM(0)

ヘイレン登場

 ロックが嫌いなマッハ10で飛ぶ怪獣の話。って書いても何のことやらさっぱりだな。

 話としては、新型のエンジンの飛行実験中に突如怪獣が現れる。次に現れた街で流れていた曲とエンジン音に共通点があり、その音を嫌っているのではないかと予測。予想通り、コンサート会場にやって来た怪獣を迎え撃つ。

 何というか、音楽と絡ませてしまったばかりに、無理矢理にも環境問題にすることが出来なかったので、マックスの空気としては失敗なんじゃなかろうか(笑

 しかし、陸でも速いのかって、すごいすり足だな。流石にあれは無理がある気がする。にしても、ウルトラマンが空中で浮遊している姿に違和感を覚えるのはなんでだろう。別にスピード出していなきゃ飛べないものでもないだろうにねえ。

 次回はゼットンだそうで・・・、もう最終回か(違

[ 2005/09/17 15:45 ] マックス | TB(0) | CM(0)

散財・・・

 つーことで、スパロボJと大人のDSトレーニングを買った。脳年齢30代だってさ・・・。
 スパロボの方はストライクがメインになりつつあるな。まあ、殆ど改造せずにやっているからいくらでも変えられますがね。てか、早くブレン来てくれ。


・ケロロ
月に行く話。月だから黒歴史ネタでもくるのかと思ったら、かぐや姫だった。ディアナ様ですか?
誰も、この話で死人が出るとは思っていないから、ああいう緊張感もあまりこたえんなあ。
と思う一方、人口が多すぎて移民は無理という展開はなかなかよいとおもた。
冬樹君の奇麗事が通用しない所がね。(最近の私は何故か拒絶気味です

・Ζ
カツ、ヘンケン艦長、ジェリド、レコアさんが死亡。エマさん重傷。ちなみにエマさんは、動きの止まった機体に乗っている方が危険だと思ったから外に出たんだと思う。まあ、結果としてはデブリにぶつかってしまう訳ですが。
にしても、殺すに殺した回だなあ。ΖΖにそんなに登場させたくなかったのかなあ。

[ 2005/09/16 23:41 ] TV | TB(0) | CM(1)

予想通りか

 結局チャンピオンを決定することより、単にアキバ特集がしたかっただけのように思えるな。大体アキバの定義が狭過ぎだと思う。もっと混沌とした所だろ、あそこは。


・タイドライン・ブルー
今度は前半録画失敗・・・。
所々はいい感じなのだが、1クールの割にテンポがいまひとつ。キールの成長を期待してるからダメなのかなあ。

・フルメタ
待ちに待ったクルーゾーの出番。期待を裏切らないM9の動きでした。素晴らしひ。
しかし、中の人繋がりで、宗介が負けた原因は「わずかな動機の差」だな、とか余計なことを一人思ってしまった。(わかる人少ないな)
双子が美少女化しているだけに、次回の展開がなあ・・・。

[ 2005/09/16 00:04 ] TV | TB(0) | CM(0)

中学英語でココまで話せる

鬼塚幹彦&ミゲール・リーヴァスミクー The Japan Times

 時制・助動詞・主語・受動態など9章立てで、日本人が勘違いしやすい文法事項について解説。形式は1ページに2つの似た例文がありどちらが正しいのかを説明。

 ぶっちゃけ文法には自身が多少自信があったのだが、案外どちらが正しいか分からないものです。つか、時制関係の解説はなかなか目から鱗ものです。

 巻末には英文法のまとめと、使用した例文の暗記テーブルまで搭載。このての本としては、至れり尽くせりなんじゃなかろうか?(偉そう)

 てことで、漏れは中学英語も身に付いていないと。
 あ、日本語を見たら、英語が口をついて出てくるようになるまでやらなあかんのね。やっぱ、そのくらいの努力が必要なんだよなあ。努力不足だったよ。まったく、約十年も何をやってきたんでしょうな、自分orz

[ 2005/09/15 02:03 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

理系のためのMacで始める研究生活

多田眞作 BLUE BACKS

 Mac OSXを使って、資料を集め、論文を書き、電子投稿して、発表に至までに必要なソフトやテクニック、仕組み、使い方の説明が書いてある本。

 レポートでパソコン使ってはいるものの、文書以外を殆ど入れたことない身なので、どんなことが出来るのかなあ、と軽い気持ちで借りた本なのですが、思いの外、良本。手元に置いておきたいほどです。

 このソフトを使用すればこんなことができるとか、似たソフトでもこんな違いがあるとか、WordやPowerPointがこんなに貧弱だとか(あれ?)が解説してあって普通に面白いですし。

 巻末のアプリケーション80本解説もポイント高し。
 というか、論文とか関係ない人でも、一番初めのSafariの使用法の部分は読むといいと思います。ブラウザの使い方なんか誰も教えてくれませんからね。(隠し機能があるらしいですよ、奥さん。>ヒント:Safari Enhancer)

 と、いうわけで、Macユーザーでない方には全く以て関係のない話でした。

[ 2005/09/15 01:48 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

何考えてるのやら

 メテオスのシチュエーションについて話していたら、これはイデの力に対抗する愚かな文明の物語なのだ、という結論に達した馬鹿兄弟の兄です(挨拶


・アクエリオン
 いよいよ最終決戦に突入か。モブキャラがバタバタやられていったのにはへこみましたが、ジェロームとつぐみが見事に盛り上げてくれました。麗花が気合いで復活したのも意外で良かった。
 ところで、食べ物を狙ってきた奴も結界侵入してた気が・・・。

・ガン×ソード
 やっぱし兄さんは自分の意志でついていってたのかあ。しかしそうすると、本当にウェンディが旅する理由が全くなくなったなあ。
 あとは鉤爪の目的次第ってとこかね。

[ 2005/09/14 10:45 ] TV | TB(0) | CM(0)
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア