ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  2007年08月

論破できるか! 子供の珍説・奇説

編:松森靖夫 BLUE BACKS

 子供が考えるかもしれない奇妙な考えを、大人の論理によって丸め込んでみて下さい。という本。

 まあ、それ程科学的に難しい話は無いので、頭の体操ぐらいに考えておきましょう。
 「0で割る」のは何故ダメか、「分数のたし算」の本質なんかは、結構算数教えるとき重要かも知れない。あとは、「スズメは死なない」もなかなか着眼点としては面白い。

 え、いや、あまりツッコミどころも無かったので終了(酷

スポンサーサイト
[ 2007/08/31 01:12 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

四畳半神話大系

森見登美彦 太田出版

 映画サークル「みそぎ」、ソフトボールサークル「ほんわか」、秘密機関<福猫飯店>などなど、珍妙なフラグが立ちまくりな、京都が舞台のパラレル大学生活ストーリー。(帯より)

 いや、けしてあらすじ考えるのが面倒だったとかではなく、こんな話なのです、結論(えー

 要は夢のような薔薇色大学生活を求め、サークル選びをするところで分岐した、とある男のパラレルストーリー。よって、違うようで同じ話が繰り返される、一見短編のような長編。繰り返し部分は読まなくても良いのは秘密。

 大学の二年間をなんだかんだで棒に振り、気がついたら妖怪のような変人しか友人にはいない鬱な気分で、読んでるコッチの気分をも盛り下げておき、オチで結局そこそこいいチャンスが巡ってくるところでさらに悔しがらせるという二段構えなので、読む場合は心して下さい(ちっ)

 どこかに違った自分がいるかも知れないという夢がある話のように見えて、多少の違いでは結局そうは変わらない世界しか待っていないという教訓的な話に、現実に生きてみるしかないということなのかどうなのか。

 どちらにせよ大学三年ごときで絶望的な境地に立つなぞ、ブログなんか始めたばかりに旧友から「貴様はよもやジーンを残すことは諦め、ネット世界にミームを残すことに人生の意義を求めてしまった、生き物としての敗者なのだ!」(激しく誇大化してます(^_^;))と宣告された私に比ぶれば、まだまだ甘いとしか(えー

[ 2007/08/30 01:07 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

第9話「コレン、ガンダムと叫ぶ」

貴様がガンダムだってことは、わかってんだよぉっ!



[ 2007/08/29 01:02 ] DVD | TB(0) | CM(0)

誰彼

法月綸太郎 講談社文庫

 新興宗教の教祖の下に、手の込んだ言葉遊びの仕込まれた脅迫文が届いた。彼は恒例の祈りのため、密室に入る。その四時間後あるマンションで首無しの死体が発見される。教祖の秘書から依頼を受けていた探偵の法月綸太郎が、その知らせを聞いて祈りの間へと踏み込むと、そこはもぬけの殻だった。「密室」「首無し」「双子」とミステリ的三種の神器が作り出す、入れ替えの謎の連鎖。見つかった死体は『誰』なのか?

 連続殺人でも無しにこれだけ長い話をやってのける事にはただ脱帽。改めて考えるとなかなか凄い事なのでないかと思う。

 犯人が仕込んだのか、自分から作り出してしまったのか分からないミスリードの数々に翻弄されまくる、あんまり頼りにならない感じの探偵が、最後の最後にフロイト的解釈で犯人の動機をまとめてしまったけど、それでいいのか。当の犯人の自白殆どないというのは新鮮、なのか? 本業(?)が小説家だからなのか、物語を作っていくタイプの探偵ということなのかしらん。

 重要人物そうで、そうでも無さそうで、実は切り札持ちだった枢機卿は一体何者だったんでしょ(笑

[ 2007/08/28 01:59 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

一回り

えらい時間かかったが、∀のDVDBOX見終わり。見たらホント劇場版にするべくしてなったんだなあ、と思った。
後はちびちび各話感想やるか。いつできあがるかわからんけど。

・絶望先生
影が薄い話より、総理がドM認定されてしまっていて噴いた。いいのか。しっかし、非難訓練は怖いなあ。

・らきすた
めざましは早めにしすぎると二度寝してダメだというのはよくある話。鳴る前に止めてしまって、予定時間過ぎてしまうという。しかし、起こしたのに記憶に無いと言う人が物凄い身近にいるのですが(汗
にしても、三年で修学旅行は遅くないかしらん。ああいうのは敢えてベタな所を回っておくというのが義務と割り切っていた覚えが……。みのるお兄さんブチ切れでカオス展開ならっきーちゃんねるは何処へ行くのか。

・ゼロの
また引っぱらなくていいところで引っぱって……。いろいろあれだけど、やはり武器だけ曲げる珍妙な炎を使う魔法使いは笑うところなんだろうかというのが、な。

[ 2007/08/27 01:29 ] TV | TB(0) | CM(0)

日曜8/26

夏が終わる前に言っておきたい。ハルヒさん新刊マダー?
とりあえずエコール買わねば。

・ゲキレン
重要なのは並ぶ順番という、なんかもっともなようなそうでもないような悩み。折角怒りのスーパーサイヤ人(違)になれたと言うのに、戦う前から勝てないかも知れないと思い悩むのはらしくないと思うのだが、どうだろう。

・電王
怪人が使い回しっp(ry
姉弟喧嘩と絡めてデネブと侑斗の仲直り話。にしてもモモさんホントいい人。それで、結局カードを増やす方法はあるのだろか。ところで、そろそろ、過去の時計オジサンにも触れて欲しいところ。

・グレンラガン
ロボをロボが操縦して噴いた。しかし、ま、グレンラガンが出た後もあの姿ということは、アレが本来の姿ということか。いつの間にやら月を大改造していた螺旋王はまだやる気があったのだろか。で、ニアもまた諦めてなくて、ホッとしてしまったのも事実。あの言いきりっぷりを実現して欲しいぜ。ロシウは最後の意地を見せた、というところか。

[ 2007/08/26 11:15 ] TV | TB(0) | CM(0)

完調とはいきません

まあ、何とか耐えきったか。

・守り人
というわけで昔話。普通に弟王がすごい嫌な奴っぽいのですが、復讐話みたいなのは無いのかしら。にしても、幼女バルサ可愛いわ。

・ケロロ
ラジオ体操とかビニールプールとか。なんというか、ひたすら夏美が可愛いキャラになっていたのでそれだけですな。ギロロ並の感想だな(笑



[ 2007/08/26 02:57 ] TV | TB(0) | CM(0)

本格的にダメでした

割と早めに寝たのに、気がついたら昼過ぎだった模様です。気が抜けるとこんなもんな自分が嫌だ。

で、そんな半分無為にした一日の残りを、Gジェネのエクストラとおヒゲの仕上げに回してしまう引き篭もりっぷり。

やはりヒゲは美しい。

で、明日は一日バイト、と。持つかな。

[ 2007/08/25 01:42 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

涼しくなりました

風が吹くと体の芯から冷えてくるような……って、これは夏風邪か、な…ゲホゲホorz

・GF
最終戦前とか登場人物が言っていても、まったく緊張感とか盛り上がりがこちらに伝わってこないのはなんなんでしょう。私が真面目に見ていないだけかしらん。で、妹は暴走して邪魔だから、永遠に寝ておけということですか。つか、あいつらのキャラがどう考えても立ってないので、何も思わんな。

それにしても神谷さんのロボットボイスはいつ聴いてもいいね>銀魂

[ 2007/08/24 01:11 ] TV | TB(0) | CM(0)

あと一日

あと一日だけ頑張ってみようと思う。

もう、まじ、なんか、しんどいorz

[ 2007/08/23 00:16 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ブレイブ・ストーリー 2幻界

宮部みゆき 角川スニーカー文庫

 運命を変えるため異世界にやってきたワタルは、謎の老人の試練を受けた。が、結果は散々で、勇敢値最低とまで言い渡されてしまう。一人旅に途方に暮れるワタルだったが、気のいい水人族に出会い、町の事件解決に一役買ったことで、何とかやっていく目処が立つ。しかし、そんなワタルの旅の前に立ちはだかったのは、人の弱い心に忍び込む『差別主義』だった。

 人の情念が作り上げる世界、それが幻界。故にそれは現実の世界の人の心を反映もする。・・・なんてのをみると、というか、異世界ものを見ると全てバイストンウェルの派生に見えてしまうのは、悪いガノタの性ということで許して頂きたい(えー

 まあ、右も左もわからんけど、運良く人のいいのに助けられたり、勇者の剣に振り回される感じで戦いの方も何とか切り抜け、という感じですっかりファンタジーらしく。

 ここでも適応力はゲームで稼いでいるのは同様だけど。異世界に行ったわけなんだから、もうちょっと警戒心が欲しいかな。

 本来交わるはずの無い、ミツルとワタルの旅が交わっていることで、世界のルール自体に綻びがあるのかそれとも他に何か理由があるのか、なんて思わせる感じで、次巻へ続く、と。


[ 2007/08/23 00:15 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

寝溜めがしたい

まったり過すはずが、いつの間にかガチで実験している俺がいる……。何で上手くいかねーかなー。
最近暑かったり出かけたりで、昼まで寝るとかしていないので、どうにも調子がいまいちである。そういう意味では『溜め』ではなくて『消化』なのか…。

・ミラーマン
地下の連続爆破と何故かSGI要職の誘拐が繋がる話。いや、単発のネタとしてはありだとは思うのだが、地下を基地化するために環境改造している割には人気がないとか、誘拐したのに情報を聞き出すわけでもなく囮にするわけでもない。なんかちぐはぐな話。にしてもそれをなんと卑劣な、みたいな怒り方してもなあ、という気がする。別に侵略者のやることだし、正々堂々とはいかんだろうよ。

・ぼくらの
というわけで身の上話。これによって、何が変化するというわけでも無さそうなのがなんともと言えばなんとも。格好良い話ではあるんだけど。

・キスダム
えー、なんかすごく無為な死に方、というか盛り上げようとしているのかしていないのか分からない展開。とりあえず、何を根拠にみんな伝承者が死んだことを感じ取ったのよ。

[ 2007/08/22 02:03 ] TV | TB(0) | CM(0)

第8話「ローラの牛」

皆さん、僕はね、僕はムーンレィスなんです。ムーンレィスなんですよぉ!
僕は二年前に月から来ました。けど、月の人と戦います。だけども、地球の人とも戦います。人の命を大事にしない人とは、僕は誰とでも戦います!



[ 2007/08/21 01:32 ] DVD | TB(0) | CM(0)

日曜8/19

出かけていたので、朝夜まとめて。

・ゲキレン
狼男としてうろついていただけで強くなったとでも…。まあ、好意的に解釈すれば、自分の気に対する考え方が変わったおかげということなんでしょうけど。まあ、突然のリング召喚は兎も角として、アクションシーンは最近の中では一番面白かったかもしれん。

・電王
相変わらず息が合っているのか合っていないのか分からない人達だ(笑) それにしても良太郎でも全員取り憑きをやっていて、ホント大変だなと。登場人物までもが微妙と思っている姿も、センス無いの一言で済ます設定の妙がなんともいえんよなあ。で、無駄遣いしてしまったカードの方はどうなるのかしらん。
肝試しネタが銀魂といい、ハヤテといい使われるのは夏だからしょうがないのかね。

・グレンガラン
なんというおねテ(ry 回想と言っちゃ回想なのではあるが、ヨーコがまさにヨーコらしくやっていたということで、とても素晴らしいことですな。にしても、流れの切り替えの度にやって来る地球の使い方はうまいなあ、と。あとは、話が進むに連れへたれてきてしまっているロシウがどうなるのやら。あれをやると言われて、しっかり名乗りを決めちゃうヴィラルは流石だな、と(笑)

・絶望先生
糸色先生の同人誌の方向性は兎も角も、後半の祭り上げネタはツボにはまりました。あんなに黒いことやってしまって大丈夫なんでしょうかね。

・らきすた
カードに関する神話はあったよなあ、と懐かしく。まあ、自分じゃ買わなかったわけですが。自分で実験はしたくありませんが、こなパパの蚊いじめは面白い。受験勉強のときは二時間くらいやっては、机のすぐ後ろに設置してあったベッドに30分くらい倒れるを繰り返していた私です(誰も聞いてない しかし花火大会なんて、久しく行ってないわな。浴衣姿の人とか見て、あるのかなーと思うだけ。
謎のハルヒさんCMやら、らっきーちゃんねるの小野だいすけやら、相変わらず人を置いて行くなあ、と。

・ゼロの
今週のwebラジオの冒頭で釘宮ボイスに直撃を受けてしまったそうです>オレ
とてつもなく大本営発表っぽくて実際はどうなんだろか。つか、とてもまともに戦って勝てると思えないんだけどなあ。詰め襟もセーラーも立派な軍服なんじゃあと思ったり。まあ、んなこと説明する話でもないか。相変わらず単なる防犯にしてはやることが激しいわけだが、結局学園長が見せたがらなかった理由は判らんわけで…この番組にそういう整合性を求めるべきじゃないのかもしれんけど。

[ 2007/08/20 01:44 ] TV | TB(0) | CM(0)

今日は涼しかった

ので、わざわざ学校行った意味が殆ど無かった罠。休んどけば良かったぜ(ハァ

・ダーカー
えー、酔いたい時に酔えるといいよね。以上。
真っ当過ぎて言うことがないな。契約者と人間の違いとかくらいか。結局違いなんてないというのが正解のような気もするけれど。

・守り人
ハッタリで追い返してしまったという気もしなくもないな。まあ、無駄な争いで血が流れることがなくて一安心というところ。

・ケロロ
お盆に帰省というネタで、今が夏休みなんだなあと思いましたとさ。しかし、今となっては何故ダンスマンがネタとして使われているのかが分かりにくくなっているね。

・テラへ
一機に人類のトップへと昇り詰めるキース。それにしても「否、断じて否」が似合う男だ(またですか
マツカの能力が成長し過ぎで吹いた。基本的に救いが無いアニメなので、パパママはもう終わりなんだろうなあ。

[ 2007/08/19 01:47 ] TV | TB(0) | CM(0)

とりあえずクリア

Gジェネクロスドライブクリア。まあ、ニケア編だけだし、エクストラには手を付けていないのですが、雑感、というかダメガノ的小話。



[ 2007/08/19 01:31 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ブレイブ・ストーリー 1幽霊ビル

宮部みゆき 角川スニーカー文庫

 ゲーム好きの小学5年生の三谷亘は、幽霊の出るビルの話で周りの子供たちと衝突してしまい、真偽を確かめにそこに忍び込むことにする。何度もそこへ忍び込むうち、そこで亘は異世界への扉を目にすることに。同じ頃、父親が突如離婚を言い始め、家族はバラバラになってしまう。亘は異世界の女神に運命を変える力があると聞き、異世界への冒険に出るのだった。

 小心者なのかと思ったら、案外そうでもなく、ちょっと頭が回る子供、という感じの亘。いろんな事を考えてしまうが故に、周りと衝突したり、知らなくても良い事を知ってしまったりで変なことに巻き込まれるわけだ。

 まあしかし、じっくり冒険に出るまでの動機が描かれている分、これってファンタジーなんだよね、とか思ってしまったりしなかったり。妖精さん(?)は出て来るけどな。

 ゲームの物語から世界を認識しようとしている姿に感情移入するものがありつつ、なんとなく歯痒いと言うか、痛々しいような気がしてしまうのは、私がダメな大人だからでしょうか?

 あ、スニーカー版なんか読んで数稼いでいるとか言わないで。


[ 2007/08/18 02:30 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

ポケモンみた

昼間テレビで劇場版をやっていたので、つい。
まあ、サトシが神様なところを差し引いて考えて見ておけば、それなりに楽しめるんじゃないかと思った。CGの使い方も面白いし。もちょっと危機感は欲しいけど。

・GF
あー、これが終盤戦の戦いなんかなあ。うーむ。なんというか、殆どのぞきしかしていないのに、幾多の戦いを乗り越えたかのような満身創痍になっているようにしていて違和感を感じる。やはり相手のパイロットのことを知るなら、直接拳を交えてですね……そんな戦闘一つもなかったけど。あのタイミングで嘘のつけないおっさんを送り込む、偉いさんのやることは意味不明。不信感煽るだけじゃん。

[ 2007/08/17 01:14 ] TV | TB(0) | CM(0)

ホワイトドールのご加護は……

暑さで全然手が進みません。足しか出来てへん……。
Gジェネばかりやっていたわけでは……、あるけど(汗

・ミラーマン
インベーダーから逃げているはずの母から救いを求めるメッセージが届く。ついに捕えたと言うのだ。こんな自分を生んだ母を恨むと言いながらも、助けに向かった京太郎だったが、母が捕えられたというところからインベーダーの罠であった。ミラーマンに変身できない状況に追い込み、その間に基地を破壊しようという目論みなのだ。
つー訳で、相変わらず正直者のインベーダーさん。別に未だ見つけてもいないことを白状しなくても良いのにねえ。ていうか、折角嵌めたのにナイフで襲いかかったらだめでしょ(笑) メンバーの一部に作戦理解してない奴がいたんだろか。

・ぼくらの
やはり活躍し過ぎると思ったらお亡くなりになりましたか、田中さん。契約者ですら個人的利益で殺しちゃう、あの地球もうダメかもわからんね、と思ったんで、意外と頑張って気分を変えていてなんか泣けた。「声出して行こうぜ!」には笑ったけど。

・キスダム
相変わらず方向が分からんなあと思いつつ、なるようになってしまった二人のシュウ。にしてもナナオの勝ち誇った顔がキモ過ぎてすごくいいです(えー

[ 2007/08/16 01:36 ] TV | TB(0) | CM(0)

カラマーゾフの兄弟 中

ドストエフスキー 訳:原卓也 新潮文庫

 それにしても、「上巻読むのに4ヵ月。一気に3日で中下巻」という帯は……う~ん。

 という前置きは兎も角感想です。

 長老は最後に嘘のような元気を見せ、説教を残して死んでいった。その葬儀の際にはちょっとした混乱があったものの、アリョーシャは何かを見つけて言いつけ通り修道院を出る。一方、グルーシェニカをめぐり、険悪なムードを漂わせていたカラマーゾフ親子だったが、フョードル殺害事件が発生し、その嫌疑がドミートリイにかけられるのだった。

 という粗筋を書いておきながらなんですが、そこそこありがための説話を聞かされたと思ったら、ドミートリイの気違いじみた物語に繋がってしまってどうしたものかと。まあ、事件がある分上巻の苦しさに比べてみれば救いがあると言えばあるような、というところかしらん。

 いや、しかし、説教の内容は結局良く分かんない、というのが正直なところなんだよなあ…。情けない、な。


[ 2007/08/15 02:36 ] 書籍 | TB(1) | CM(0)

第7話「貴婦人修業」

ローラですか?
任務の為よ



[ 2007/08/14 01:59 ] DVD | TB(0) | CM(0)

発動させづらい感じなんだが

クロスドライブプレイ中。
売りの合体攻撃の出番がそんなにない。出し方分かってないのがいかんのかな。改造が面倒なのはどうにかしてもらいたいのだけど、開発ペースが物語を置いて行くペースなのが怖い。話短いんか?
物語の方は、新訳の所為で(?)古き良きスパロボα並のΖシナリオに逆戻りなのがなんとも。その割にはいろいろ出来事が前後してて再現度はいまひとつですけど。まあ、この先の展開に期待したいところではあるけれど。

・絶望先生
糸色先生の兄弟の紹介話というところ。場面転換ごとの小ネタは正直ついていけないところがあったので、後でwikiでもみておくことにします。要勉強(ぇ

・らきすた
ついに来たガンダムネタのオンパレード。アニメキャラの年齢のことは10くらい足して観るようにって偉い人が言っていた、と思う疎覚え。前半は黒井先生で後半は田村さん中心だったか。ていうか、どう考えても年の割にディープ過ぎやしませんかね、あれは。

・ゼロ魔
あんなことで捜査から抜けられるのだから、あの国のいろいろなことがザルなのも頷けると言うかなんというか。というか、女王がいろんな所に私情挟み過ぎなのが、結局問題を起こしている要因のような気もしなくもない。まあ、今の問題には直接の責はないとは思うけど。

[ 2007/08/13 01:44 ] TV | TB(0) | CM(0)

日曜8/12

・ゲキレン
あれはフレーズを流行らせようと? にしても呪われてさ迷いかねない技を使ってまで、リオを止める意味があったのかよう分からんな。

・電王
高岩さんが神がかっているように見えました。ギャグ結構多めなのに、なかなか泣ける展開になっていて、バランスよくできていたような。それだけタロス軍団のキャラが立っていたということかしらん。それにしても途中まで調子よかったのに、電話がかかってきた途端にどうでもいい扱いになってしまった敵さん哀れ。

・グレンラガン
当然と言うか、月が落ちたら地下に逃げてもどうにもならない、と。にしてもキタンかっこ良かったなあ。やはりああいうノリを期待したい。ピンチにこそ輝かんと。ロシウも責任を背負っている感じになっていて、今までより好感度アップかな。リーロンのお陰のような気もするが。さて、ヨーコのヒロインの座奪還はなるのかしらん(違う?

[ 2007/08/12 17:27 ] TV | TB(0) | CM(0)

休日なのに

全然寝てない。何故だろう。
というか、押井特集をだらだら観てたりしてて、普段のが消化できない罠。
…ああ、富野特集で、逆シャアやらF91が電波に乗ったり、ブレンやキンゲが世間(どこのさ?)に広まる日が来ないかしらどうなのかしら。

・ダーカー
公安だったんだ、おっさん。というしかとりあえず絡みようながないのは毎度のことな前半戦。役者がいろいろ絡み合ってきたのは事実だけど、何が狙いなんでしょ。

・守り人
結構強くなったかと思ったけど、やはり死ぬとなると動揺してしまうか。まあ、兄貴の死を聞いたばかりだしな。バルサが親として守ってやれるのか、と。そういえばトロガイはなんで狙われていたのかしらん。次回その辺もはっきりするのかしら。

[ 2007/08/12 02:32 ] TV | TB(0) | CM(0)

レンタルマギカ 魔法使い、修業中!

三田誠 角川スニーカー文庫

 修業中のいつきがあっちへこっちへ、と隻蓮の寺から出かけます。巻頭カラーのファンションショーをまたしても奴らがやってくれていて、好きなんだなあ、と。メイドなんてどこ吹く風ですよ。

・魔法使いと赤い槍
 明王様相手に修業となんだか突飛な話。眼との関係を改めて考える、しれっと重要な話。

・魔法使いとクリスマス
 目立つことこの上ないコンビによる尾行の結果は……。天然で皆の期待を外すいつきの恐ろしいこと。つか料理要因は隻蓮さんにまわってしまうのねん。

・魔法使いとソロモンの血
 貸します、の続編にあたる話。これが噂の体液交換…。これで新しい魔神登場でアディリシアさんが強くなってきたようで、穂波もなんか見つけないといかんわな。

・魔法使いとソロモンの絆
 『ソロモンの血』の裏話的書き下ろし。妙に振りが細かいなあ、と思ったら、こっちがある意味メインなのかも知れないと思ったり。やはり対戦相手の格が違う所為なのか知らん。なんというか、ダフネさんがぐっとメインよりになった印象が。

[ 2007/08/11 00:11 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

書けるのか書けないのか

即興かつ1時間でA3の紙を文字で埋めたりできるんだから、小学生の頃泣きながら原稿用紙を埋めていたのとは大違いですね。
……っても、あんな勢いだけで書いた長文なんか絶対読み直したくないけれど。

・ミラーマン
UFOがある男に光を照射した。その狙いは、男を操り新兵器を開発している博士を暗殺することにあった。京太郎は男が未だ生きていることを知りながら戦わなくてはならなかった。
みるからにおかしくなっているし、インベーダーが動いていることもほぼ分かっているのに、一緒に研究しているのはどうなのだろか。ていうか、あそこまでやれるなら、直接UFOで狙えば…。あまり対策も考えず戦ってしまうのは、いつものことか。

・GF
ここに至って、出発前のエピソードを持ってこられても、とは思わなくもない。で、精神攻撃そんなに強力だったのか…。前振りが前振りだっただけになんだかな。まあ、精神攻撃ネタで長々とやられてもイヤなんですが、ああもあっさりと言うのもどうか。本当に戦闘シーンに期待してはいけないアニメですねorz

[ 2007/08/10 01:18 ] TV | TB(0) | CM(0)

踊っていますか

普通のはスルーして待っていましたリミックス。みのるお兄さんのぼやきがたまらん。
一方、MG∀も購入。で、無事特典DVDの方も入手。後でゆっくり見ます。にしても今年の∀関連投資はどんだけよ、俺。
あ、ガンプラターンエースの福井さんの自作PRぷりには笑いました。

・ぼくらの
あのモデルも政府の罠なんですかね。研究だけでなく、資金取ってくるためには政治もやらなきゃならんというのはなかなか鬱な話だなあ。にしても最終的には神様にケンカでも売りに行くことになるのだろか。お願いして全員復活したり・・・はないか。

・キスダム
やはり裏返りにろくなのはいない、と。肝心な時に役に立たん三人はさておき、追いつめられて言うことはユノが生きていることか。つか、そんなことで動揺しないで止めをですね。にしても、主目的を忘れて、いいとこみせようなんて欲を出すのは指揮官としてどうなのかと。

[ 2007/08/09 01:09 ] TV | TB(0) | CM(3)

レンタルマギカ 魔法使いの宿命!

三田誠 角川スニーカー文庫

海行ったり、怪談談義したり夏っぽい短編集。

・魔法使いと海
 黒羽がレンタルマギカとしていよいよ働き始める話。というか、こういうイベントがあったから竜と~の方で結構な活躍してたんね、と。水着の話は……あいつが全て持っていったので、言うことはないよね(笑

・魔法使いと学校の怪談
 アディリシアと穂波の出会った頃の話。こうして彼女たちは友と書いてライバルと読む関係になったのでした、と。ロリアディもまた良いもので…は兎も角、なんだかんだ自分に言い訳しつつ、一人で突っ走りがちなのは小さい頃からなのね。

・魔法使いと星祭り(前後編)
 猫屋敷とみかんの過去がちらっと分かったりする話。基本的には魔術における天才と凡人の差が描かれてますな。といっても、現実もそんなもんかも知れんが。結局器の違いを見せつけられてしまったものの、折角助かったので凡人代表として岩動君には今後とも活躍して欲しいものです。

[ 2007/08/08 01:20 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

第6話「忘れられた過去」

地球は戦争するところじゃないでしょう!



[ 2007/08/07 00:45 ] DVD | TB(0) | CM(0)

どうも、ね

こち亀のテンションにはもうついて行けない気がするのは、作品の質の所為なのか見る姿勢の問題なのか。

・絶望先生
身の丈に合った生活は重要ですねえ。は兎も角、黒板ネタが随分と鮮度が高くて、久米田先生凄いなあ、と。わかる自分もどうかと思いますが。デトックスはいけませんね。あんなに毒に出ていかれたら、私の存在も消えそうですよ。

・らきすた
ええ、自分の好きなことにはついつい使ってしまうくせに、他の細かい所でケチな私です。基本料金すらも勿体なくってさあ>携帯というのは建前で、実際物凄い電話が苦手なのがホントだったりなかったりするのは秘密。それにしても選挙でずれたのって……8時にこの番組は異質だったよな。ゆたかの友人がダメオタ外人と腐女子なのは笑った。新キャラの出番多いと思ったらそれかい。

・ゼロ魔
やはりシエスタの暴走が話をややこしくしているやうな。まあ、にしても内部犯の多いことで。そんなに恨まれている王宮なんかね。というか、貴族全体が荒れ気味で、足の引っ張り合いばかりなんだろか。

[ 2007/08/06 01:16 ] TV | TB(0) | CM(2)
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア