ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  2008年01月

人間に何が分かるかーー知識の哲学

伊藤笏康 勁草書房

 学芸とはそもそもなんだったのか。この問いに答えるためにはまず、基礎を見直す必要がある。とすれば、当然知識についての哲学をしなければならない。知的活動について語るため、哲学の意義から解説する。

 一つ一つ割と卑近なたとえを持ち出してくれるので、「形而上学」なんてものについても、わりかしわかった気になれるという、初心者としてはいい本だなあ、と。

 形而上学というのは、ひとつの言い方としては、科学と異る次元(より高次元?)の知を提供するとする立場、なんだそうだ。現実によっている科学では答えられない問い、何故そうでなければならないのか、に答えるのが目標らしい。(この辺の言葉に惹かれるのがエヴァオタの悲しいところだよねえ)

 で、本筋の結論としては、
 「知る」は「遂行知」と「説明知」に分けられ、さらにそれぞれが「生活知」と「技術」及び「科学」と「形而上学(哲学)」に分けられ、その基準は「説明の完全さ」にある、と。

 まあ、これだけだと、ふーん、という感じですな。

 小ネタとしては、「西洋の考え方がこんなところにも現れている!名詞と冠詞の使い方講座」(勝手に命名するな)が面白い。明日から自信を持って冠詞が使えそうです(ぉ


スポンサーサイト
[ 2008/01/31 00:21 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

塩漬け延長

まあ、だからといって何も変わらないのだけど(えー

・バンブー
黒い人は結局どうしようもなく黒かった、と。まあ、それが火に油を注いでしまったわけですが。
しかし、みやみや勝たせてもらえないのな。で、次回予告のボケっぷりが相変わらず素晴らしい件について。

・アニメギガ
ゲストは福山潤で。リーンのプッシュが素晴らしいぞ、NHK(えー
アフレコ時の体を使った声の出し方とか、熱い語りとかをテレビで見れたのは良いな。

[ 2008/01/30 01:25 ] TV | TB(0) | CM(0)

内容を忘れている

論文紹介の準備を昨年末にしたっきり塩漬けになっていたものを、明日やらねばならないらしい。
もう眠いので、行くまでの移動中に何とか……

・獣神
また焼かれる寺。つか、お前ら見回り意味ないじゃない。
とりあえず、今更感溢れる双子ネタばらし。べた過ぎるのはいつものこととして、言いふらそうとするのを止める理由が、また馬鹿にされるぞ、ってのは面白かったから許そう(何

・ミラーマン
光のエネルギーを吸収する怪獣に撤退を余儀なくされるミラーマン。腕を負傷し、満足に戦えないことを意識する京太郎は、インベーダーに襲われながら、必殺技を編み出すのだった。
新兵器ミラクルキック、って、前も似たような蹴り技やっていなかったか? ミタライ博士が満を持して、フェニックスで出撃したのに、ものの数秒でエンジンをやられたのに泣いた。

[ 2008/01/29 00:42 ] TV | TB(0) | CM(0)

逢坂さんの

秋葉原の方の追悼展示を見てきました。案外、と言うのも変だけど、Vガンダム以降はかなり見てきたわけで、やはり杉並行っとくべきだったかなあ、と多少後悔。
それにしても、なんだかんだで、OPED集全部見てしまった自分が悔しい(笑

・俗絶望
意味のない話しすぎる。まあ、毎度のことといえなくもないんだけど。だが、そこがいい。
で、本を読み続ければ、人の心も読めるんでしょうか?(ないない

・マギカ
隻蓮担当回。って、先に修業やって、竜に上手い具合につなげられるのかしらん。実は時系列複雑になっているとか?

[ 2008/01/28 01:00 ] TV | TB(0) | CM(0)

日曜1/27

ライダー変わったんだなあ、と。

・シゴフミ
前回の男の子からは逃げただけ。何やら、フミカの同僚が出てきて、ちょっとばかし素性について気になることを言っていたけど。で、あの刑事さんがどんどん重要キャラっぽくなっている件について。
百合っぽい話の方は兎も角、配達人の割当領域が、下界の行政区分に根差していることに吹いた。

・ゲキレン
ゴテゴテした幻獣から脱出したリオ様カッコヨス。ロンはラスボスとしては、ちと小物だったけど、きちんとリオの過ちを整理する展開にするには、ここで締めておかないとねえ。

・仮面ライダーキバ(新)
行ったりきたりが面倒くさいなあ、と。まあ、最初は顔見せだから仕方ないだろうけど。
で、この世アレルギー、って。一体いつから世界が汚れているとか意識し始めたのかと。あっさりどうでも良くなっていたのには笑ったけど。

[ 2008/01/27 22:40 ] TV | TB(0) | CM(0)

16 トリニティ

生きてる?
一人だけ本気で死にかけていた刹那を救ったのは、新型ガンダム、スローネ、と。何で三機出るって言っているのに、商品的に一つなんだろうか、と思っていたら、パイロットごとのカスタム機なのね。まあ、現実的といえば現実的、か。
で、パイロットの方は、兄弟、で良いんだろか。なんかあまり似ていないけど。回収可能なファンネルミサイルを使っている辺り、常人っぽくはないけど、どうなのか。

GN粒子広域散布
なんかやっていることは途方もないような気がするのだが、月光蝶を見てしまっているとなー(ぶつぶつ
まあ、そんなことより、釘宮がサイコハロを所有していることに笑ってしまったのだけど。力技には力技なのは、この世界らしいなあ、と。
で、コラ沢さんは流石に死んだかと思った。オーバーフラッグは結構やられたのになあ。新ガンダム見れただけの大国の皆さんは災難過ぎる。もうちょっとデータ取る暇さえあればッ。

予想が外れて
指揮している側がこれだけ情報分からないってのもないよなあ、と。ていうか、そこまで生還率低いなら始めからやらないわけにはいかなかったのかねえ。サジが眠れなかったほど、ニュースになっていたのかどうかが気になる。

これまでの成果を振り返る
監視者も知らないような太陽炉が存在しているとか、そもそも他の部隊の存在自体知られてないとか、拒否権ってのは何に依存しているのよとか、なかなか謎を生んでくれた会議。つか、全会一致原則の割に、人数多くないか。

人を殺さないってのが
ティエリアは十分殺ってしまっていると思います。まあ、その辺諸々会って話すと齟齬が生じるんでしょうか。予告では不穏なことを言っているしなあ。

というわけで、半分の半分くらい総集編。いろいろ勝手をやる奴ばかりで困りものですね。
ナドレの何が重要なのかとか、キュリオスのシールドクローってなんか秘密あるのかとか、つっこもうと思えばいろいろ出来てしまうわけですが、とりあえず忘れないようにだけしておこうかと。

[ 2008/01/27 00:59 ] 00 | TB(0) | CM(0)

ラジオ楽しいなー

レンマギラジオでの美佳子嬢の弄られっぷりが面白すぐる。
つか、最近webラジオネタ多いな、俺。

・オーバン
今回は昆虫型宇宙人。というか、アレは乗り物なのか、生成した外骨格なのか。謎。
で、テレパシー触手とか、王蟲なのか、お前は。酸の海といいなんか連想してしまう。
ドンウェイは、娘と判ったら突然弱気になって、どうかと。他人の子ならいいのかいな。

・ケロロ
何故か唐突に短編集。実写自重。
が、最近では稀にみる面白さだったので許す(えー

[ 2008/01/26 11:46 ] TV | TB(0) | CM(0)

19時半発、0時着

線路破損で2時間停止ってどんだけorz>田園都市線
おかげで手元にあった本は読み終わったけどさー、帰ってやろうと思うてたことなんもできなかったやないか……。

・墓場鬼太郎
寝子登場、と思ったら、まだ吸血木ネタだった。にしても、ねずみ男って、この物語中だとかなり出来る奴なのか。しかし相変わらずのオチの投げっぷりが逆に良いな。

[ 2008/01/25 01:39 ] TV | TB(0) | CM(0)

宣伝が上手すぎる

と、思わざるを得なかった今週のSZBH。お得感出過ぎで買わされかねない。

・バンブー
糸目が黒いのか、取り巻きが阿呆なのか。にしても最近の人は携帯持っているのだから、あの程度の監禁は意味をなさないような気がす。

・カイジ
じゃんけんのように見せかけて、顔の読み合いのようなゲーム。おっさんの動揺した表情は見てみたいような気がするが、どうなるのかね。

・銀色の髪のアギト
いろいろ心情が飛び飛びなのがなんとも。まあ、ゴンゾだしなあ(えー
森がどうとか言っていたけど、結局銀髪超人物だったような。アギトは中身あるようでないような気がしてしまうキャラだったし。まあ、一番酷いのは、世界をリセットできる仕組みは創ったけど、それを使う責任を負う自信はないから、後は任せたと言ってのける博士だけど。

[ 2008/01/24 00:42 ] TV | TB(0) | CM(0)

SF映画傑作選 地球の静止する日

ブラッドベリ、スタージョン他 編:中村融 創元SF文庫

 名作SF映画の知られざる原作短編小説を精選した、日本オリジナル編集アンソロジー。「月世界征服」には、ハインライン自身による撮影始末記付き。
 またしてもSF元ネタシリーズ<GRかよ

 50年代の映画なんてもの(そもそも洋画自体?)はほとんど観たことは無いので、どんな代物だったのかは、話の頭についている映画のポスターしかないわけであります。名作と銘打っている割に、物凄くB級臭がするのは時代性と受け取っておきましょう(笑

・趣味の問題(It Came From Outer Space)
 ある日宇宙船がやってきた。その中の異星人は、こちらがいくら友好の思念を飛ばしてみても、怯えるばかりでロクに外に出てくる事さえしない。何が問題なのか分からない。
 逆転の発想物。異星人と接触しようというのだから、多少の不条理は受け入れないと、ねえ。まあ、恐いとは思うけど。

・ロト(Panic in Year Zero)
 街から準備万端逃げ出す一家。しかし、この緊急時に、妻も息子も全く状況を理解してない言動ばかりを繰り返す。苛立つ男が辿り着いた結論は?
 なんだかわからないが、どうにも大変な事が起こったようなのだが、そんな中やっているのは、俺の人生なんだったのよ、的な問い。どさくさ紛れにすごい決断しちゃうなあ、もう。

・殺人ブルドーザー(Killdozer)
 現在の文明が興るよりずっと前に存在した電子生命。眠っていたその一体と最新型のブルドーザーが接触してしまった。そして、殺人ブルドーザーと人間の戦いが始まる。
 機械に乗り移り文明を滅ぼした生命体、などという壮大な切り出しをしておいて、やることは動き出したブルドーザーとの戦いである。まあ、なかなか信じてもらえず、徐々に人が殺されてしまうホラーな感じとか好きですが。裏切りとかもあって、意外にそのまんま映画になりそうなドラマである。

・擬態(Mimic)
 いつも黒マントの男。見るからに怪しげなその男の正体とは?
 なんというか、こんなのいたら正直勘弁して欲しいと思うショートショート。

・主人への告別(The Day the Earth Stood Still)
 異空間から現れた船。現れたのは、ロボットとその主人。しかし、気の狂った男が主人を撃ち殺してしまい、それ以来ロボットは動きを止めてしまった。博物館の中にしまわれたロボットだったが、ある記者が実は動いているのではないかと疑念を抱く。
 なんというか、最後のネタばらしとか復活の方法がどうかとかより、重要なところで写真の一枚も取れない、記者のへぼっぷりに笑ってしまった。

・月世界征服(Destination Moon)
 月へ初めて着陸した男達の物語。
 ハリウッドとは思えない(昔のだからか?)、女っ気なしでお送りする夢を追う老人達が主役の物語。1950年のものなので、月面到着より約20年くらい前の作。となると撮影秘話も嬉しい。特撮技術のない時によくやったもんだ。

[ 2008/01/23 01:06 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

寒かっただけでした

雪なかったなー
まあ、この歳だと面倒な方が先に立つから良いんですが。

・シゴフミ
ふらっと飛んでみたくなってしまった人の話。まあ、こういう気分ってわからんでも無いのよね。なので、全面的に否定は出来ないんだけれども、折角だから生きておこうくらいの精神は維持したい。
で、フミカの正体に迫る方の流れもあるのかしらん。

・獣神
皇帝が愛の為に頑張ってた。まあ、なんというか、星とは別の流れで頑張る人がいないとなーとは思うのだけど、どっかで脱落しそうではある。どうでもいいが、日食にビビって皇帝投げ出すような奴は打ち首だな。ついでにあの笑い顔はなんなのよ(よりどうでもいい

・ミラーマン
ミラーマンがインベーダーの罠に掛かり、捕えられてしまった。救うべく向かったフェニックスに対し、インベーダーはミラーマンとフェニックスの交換を持ちかける。どの道インベーダーが約束を守ることはないと判断したSGMは、危険を承知で攻撃に移るのだった。
円盤弱っ。最初からそっちを落としておけと。にしても、突如ミラーマンの絵を描き始めたミタライ博士を見る娘のけげんそうな顔がなんとも言えません(笑

[ 2008/01/22 00:40 ] TV | TB(0) | CM(0)

雪は降るのだろか

今のところ兆候はない、が……?

・俗絶望
別に義務感で更新しているわけではないのよ?ターンエーの感想止まってるなー
無駄なことを大袈裟に言ってみたひ。

・マギカ
とりあえず、猫屋敷さんのふんどしがオチを持って行くのを観れたので満足です。以上。

[ 2008/01/21 00:46 ] TV | TB(0) | CM(2)

日曜1/20

・ゲキレン
自らの運命全てが、ロンによって仕組まれたものだったことを知り絶望するリオだったが、メレの危機に再び立ち上がる。というわけで、メレが真ヒロインケテイと。まあ、しかし、最初はどうなるかと思っていたけど、盛り上がってきたじゃない。
にしても、ここまで地味に暗躍しているラスボスというのも珍しいな。

・電王(終)
良い最終回でした。フォームチェンジもあり、必殺技もあり、ジークまで回収しつつ、ハッピーエンドで言うこと無しなんじゃないかなあ。
強いて言えば、カイがどうして一人イマジン引き連れて、過去を手に入れに来て、一人消え去らねばならなかったのか、に妄想の余地ありなので、スピンオフ的にそっちの回収をキボン(えー

[ 2008/01/20 21:51 ] TV | TB(0) | CM(0)

15 折れた翼

ガンダムが二機欲しい
と、人革連の偉い人が言っているから、なんか先走り気味の命令でも出すものかと思ったら、全然普通に各陣営足並み揃っているじゃない。というか、意外と現場の人は裏の事情知らないのね。

そんなの買えるわけがない
ルイスのテンションにはついていけねー

介入開始
罠と分かっていたわりには、とりあえずミサイルコンテナつけただけって気が。しかし、テロの標的として、あの砂漠の中の施設がそんなに影響力あるものなのかねえ。

ガンダムを釘付けに
ウイング系ガンダム相手とは訳が違う量の攻撃。なんだかんだでOZはMSに拘った組織だったからなあ。ぶっちゃけデルマイユ候の時代になってからは、ミサイル攻撃とかやってもよかったと思うんだ(閑話休題
にしても、バリア張れたりシールドが滅茶苦茶固いからって、ほとんど回避運動しないのはどうなのよ。あの調子で何時間も攻撃に堪えられるって、もはや技術差数十年とかいうレベルじゃないでしょう。

プラン変更
ヴァーチェの大砲で退路確保の方向で。それはそうと4機が合流した方がよかないかなあ。
で、各陣営エースは温存かと思ったら、人革連だけ先に出てきて、アレルヤ倒れる。いい加減なんか対処しておけよ。ハレルヤもやる気ないし。
戦術予報士は予報士なりの仕事をしているとは思うのだが、如何せんマイスターの中に指揮官がいないのが問題だな、と。不利になった時の建て直しが利かないような。

やめる気なんか無いくせに
CBとその周辺を含めてなのかどうなのか知らないが、観察している奴が他にもいるらしい。古谷ボイスで、なんか呟かれると、どうにも重要キャラのような気がしてしまうのだが、ガンダムには乗らないんですよね?

エース出撃
ヴァーチェはソニックシールドで揺られて、デュナメスはグラハムに抱かれて、キュリオスはいつの間にか鉄人にボコられて終了。コラ沢は特に何もしていないよ、な。
アグリッサは…ゲルズゲーかと思ったら、アッザムでした、と。あれホントに戦争で使えたんだろか。中の人だけ殺す兵器に大した使い道ないような気がするのだが。

ガンダーム
叫び方が指パッチンで呼び出す感じなので噴いた。

結局マイスターの連中の操縦技能は微妙なんじゃないか、という風にしか見えないのがなんだかな。せめて元気なうちは動き回って、だんだん疲れて動きが悪くなるようにしないと。
どこかの陣営が欲を出して作戦に穴が、みたいな事も期待してみましたが、結局のところ新ガンダム頼り? まあ、4機で駄目だったところに3機来たところでどれだけ変わるのかしら、と。手の内が判らない分有利なんだろうけど。

[ 2008/01/20 01:11 ] 00 | TB(0) | CM(0)

今日は

センター試験らしいですね、と。まあ、随分昔のことになってしまったものです。
てか、受験生にインタビューするのは自重しとけと>ニュース番組

・オーバン
ようやく娘のことを思い出した親父。というか、いくら何でも学校側の対応悪過ぎるだろ(笑
レースの方は、地球チームだけに得点が入るというウルトラCを使って、いい勝負に。
ところで、ロボのかっこよさはガチ。レースマシンじゃねえ。

・ケロロ
主に温泉卓球。イメージの産物なんじゃないかと思うのだが、実際はどうなんだろか。
全体的にやたら甘い展開だったな。

[ 2008/01/19 12:28 ] TV | TB(0) | CM(0)

難問でした

やはり、自分を売り込むのってのは難しい……。
未だ、自信持って、何か為したと言えるものがないってんだからなあ……ホント、何やって来たのかと。

・墓場鬼太郎
吸血鬼対決より鬼太郎より上手のねずみ男に泣いた。わざわざ墓まで掘ってやるというマメさだし。
つか、水木って一話限りじゃないのね。

[ 2008/01/18 01:47 ] TV | TB(0) | CM(0)

飲み会代回収

が、研究室へ行ってやった主な作業ってどんだけ……。

・バンブー
体操服が濡れたシーンとか銭湯シーンとかがことごとく流されてしまったというのはどういう意図なのかと。まあ、単純に一話で合宿をまとめるにはしようがなかったということなのかもしれんけど、一応それはどうなのかと思わざるを得ない。
で、まあ、話は、キリノの一生懸命なところを強調した直後に、母倒れるという引退フラグ。ようやく5人揃ったというのに、どうなるのか、と。

・カイジ
別にけちらなくても良い所で、けちっている様にしか思えない。まあ、どうせギャンブルに戻るのがカイジの宿命な訳で、余計な話を挟まず次に行った方が、テンポは良いんだろうけどさー。
それはそうと、部屋の中と外の空気圧の差で出来る風で人が吹っ飛んでしまうとか、ガラスでできた階段とかあり得ないこと多過ぎワラタ。観音開きでそんな圧力差あったら、扉閉まってないって。ガラスの強度はとても持ちそうにもないし、見えないのも心理的死角とかじゃなくて、照明の都合とか理由付けの方法他にあろうに…。

[ 2008/01/17 00:31 ] TV | TB(0) | CM(0)

レンタルマギカ 魔法使いと吸血鬼

三田誠 角川スニーカー文庫

 社長業二年目で、高校生活も二年生。ついでに物語も二部に突入で、新入社員も入ってきて、という感じ。ちなみに、私が何故か鬼の下巻を未だ読めていないのは秘密。何故か図書館に戻って来ないんだもんなー(滅

 なんというか、あれですね。アディリシアさんがすっかりデレ化してしまったところをテコ入れするために、新たなツン要員が補給されたと(もうダメだ>オレ

 まあ、フィンというある意味究極的な化け物がいるので、これ以上どう強敵創ってくるのかと思いきや、そういう方向の特異体質できたか、と。

 なんにせよ、吸血鬼っていいですよね。なんかこう、いろんな雑多な『恐いもの』の民俗学的イメージが入り交じって生まれてきた感じがして。

 もろもろの出来事ついでにアストラルの株も急上昇させて、話的に盛り上げてくるのはなかなかうまいなあという感じで、今後も期待出来そうですな。

[ 2008/01/16 01:41 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

マンガを読んだ

借りてたり、持ってこられたりした分を読みきる。
料理好きの先輩が、冷凍うどんにはタピオカが入っている、と言っていたが、その出典はもやしもん5巻だったのだろうかと思案中…(どうでもいい

・ミラーマン
フェニックスが撃墜された。不時着した場所は火口の近辺。機体内部の温度が上昇して行く一方だが、半ば埋まってしまい脱出できない。さらに、怪獣も迫ってきているのだった。
果たしてインベーダーにとってどれだけの障害なのかよくわからないものの、フェニックスを狙った作戦を用意。マメだな。まあ、普通の戦闘機は円盤に全く歯が立たないのを考えると、結構邪魔なんだろう。

[ 2008/01/15 00:13 ] TV | TB(0) | CM(0)

俺のミスだ

終電逃しがあんなに辛いとは……orz

・俗絶望
もう何がなんだかわかんねえ。何もここまで考えることを放棄させるアニメ作らなくても良かろうに(誉めてます

・マギカ
岩動さんの話。猫屋敷がすごいのはいいとして、もうちょっと圭の劣等感が出てれば良かったかなあ。尺的に難しいけど。

・獣神
とりあえず鬱克服。放置されてるケイロウサイドとか、諸々やることあるけど、どう話が進むのかは分からんな。にしても、たかが一国の動静を説明するのに、星の定めとか宿命とかにたよらにゃいかんとは、厄介な国だよな。なんかそういうのに全く逆らった勢力とかがいた方が面白そうなんだが。

[ 2008/01/14 14:27 ] TV | TB(0) | CM(0)

日曜1/13

あー寒い。

・シゴフミ
まあ、どうしようもない親父だったんだろうなあ、とは思っていたけど、予想外の方向だったんでしんどかったなあ、と。埋め方甘過ぎだし、親父の行動がアレなのが警察に知られるのは時間の問題だしで、どうなるかと思ったけど、翔太良い男過ぎ。しかし、それにしても人がポンポン死ぬなあ。
ある意味分かってはいたけど、シゴフミが見事に妹まで巡ってしまったのは笑った。

・ゲキレン
ゴウ兄さんカッコヨス。ジャンとリオの闘いも、良かったし、なんかゲキレンも最後はしっかり盛り上がってくれてめでたしめでたし。

・電王
やってくれるぜウラタロス。ちゃんと信じてあげてる良太郎が良いな。
で、未来を守るカラクリがこれで分かったと。どんだけ自分ら犠牲にしているんですか、姉さん。ていうか、電王世界だと、定期的に生まれる特異点が、時間の存在を維持してるのかね。

[ 2008/01/13 13:51 ] TV | TB(0) | CM(0)

14 決意の朝

新OP
全面新作、かな。
細かいことは兎も角、まあ、新ガンダムへの布石はばっちり、ということで。

L1の開発が先
宇宙空間では距離より、安定のが大事なんじゃないかと思っていたけど、今回はL4&5ではなくL1優先なのか。まあ、それでどうというわけでもないんだけど。
二十数年前とは状況変わっているわけで、現実的にはどっちがいいのかしらん。

ガンダム袋叩き計画
テロリストをワザと呼んで、それを叩きに来たガンダムを袋にする、という事でいいのかしらん。理想の為に動いているだけに、融通が利かんのがCBの辛いところか。

休暇は地球で
無重力が長いのは体に悪いらしい。トレミーのサイズじゃ十分な慣性重力は期待できないし、健康を思うと地球に定期的に降りなきゃならんのか。宇宙との行き来は結構危険を伴いそうなもんだが、それは問題ないんだよなあ。
で、大規模戦闘の前っぽいのに、依然としてまとまりないのね。もうこれは負けるとしか思えない。

ルイスママン帰る
なんだかんだで、寂しいのかよ。地味に気を回すサジがなんとも。それにしても、お隣さんという以上の関係が出来上がっていたような気はしないのだけど、よく呼ぶなあ。しかも、結局何もしないで出て行ってしまったし。

対ガンダム
フラッグ部隊は増員&総カスタム化、サーシェスには新型、というか大戦時に使われたやばそうなもの。人革連は特になしで、数で攻めるのかね。

二度もぶった
コラ沢自重。オチ担当とはいえ、まさかこんな展開になるとは(笑

刹那、また勝手な行動を取る
というか、殆ど夜這いじゃないのか。流石に光学迷彩できるからって、18メートル級の機体で、宮殿の近くまで行けるものなのかよ。で、せめて正体バラしたらただじゃおかない、とかではなく、よくわからん質問ぶつけるだけで行っちゃうし。

というわけで決戦前夜。ぶっちゃけ細かい前振りは良いから、戦闘行っちゃいなよ、と思うのは富野コンテに慣れ過ぎなのかどうなのか。みんながみんな、悲観的状況を認識し尽くしてから、戦闘に入ることはないと思うのよね。
とりあえず戦闘入って、新型の嵐、みたいな展開にしてしまえば……。
時間がある所為で、カタギリさんが迂闊なことをやることにもなっているような気がするんだ…。

[ 2008/01/13 02:03 ] 00 | TB(0) | CM(0)

もののけっぽい?

・墓場鬼太郎(新)
予想以上にテンション高くて面白い。この鬼太郎は、人間の味方じゃなくて、不幸をもたらす存在なのね。色使いとか、場面の切り替えがもののけを彷彿とさせますなあ。

・オーバン
毎試合真面目にレースをしていると思いきや、結局一チームにかかわり合って負けるだけというのはどうなんだか。話的にはいろいろ要素があるのだけど、本来の目的がようわからんくなっていると言うかなんというか。

・ケロロ
トランスフォーマー的なのと子犬。珍しく侵略っぽいことを、と思ったけど、予想外にどうしようもないな。声だけ格好良いが。

[ 2008/01/12 02:46 ] TV | TB(0) | CM(0)

「ABC」殺人事件

有栖川有栖|恩田陸|加納朋子|貫井徳郎|法月綸太郎 講談社文庫

 クリスティの名作『ABC殺人事件』をモチーフにした短編集。どれも法則性が重要という事件。短編だからなのか、動機は復讐が多い気がする。

・ABCキラー
地名と名字をそろえたオーソドックスな感じのABC。複数犯なのは推理出来なかったなあ。

・あなたと夜と音楽と
ラジオ番組のパーソナリティーの対決? 多分これは犯人当てとかではないよな。よく読み込めば分かるんだろか。

・猫の家のアリス
有閑マダム恐るべし(笑) 実害なしだし、基本的には悪意から来ている犯行でないのは、殺伐さがなくていいけど。

・連鎖する数字
へぼ探偵じゃん、偉そうなのに。まあ、同じこと考えてしまったけどさ。

・ABCD包囲網
起承転結の「転」に気づけば簡単な推理、とはいうものの、普通に刑事の立場で追ってしまったから騙されるところでしたよ。

 ネタバレを回避しようとしながら感想書いたら、何のことだか自分でもさっぱりだわ、これ。我ながら酷過ぎるorz

[ 2008/01/11 01:50 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

どう反応しろと

キャリ室参考新聞 (ひきこもり検索)、などというみているだけで鬱になりそうな新聞記事切り抜きを、時折転送してくる親父……。
俺にどうしろと?

・カイジ
いや、もう、ごたくは良いからさ、おっさん。ダメな人達を前に、どこがどうダメかを講釈しても大した意味はないと思うんだよなあ。まあ、そういう漫画なんだろうが。
んで、ようやく一人残ったカイジが無事渡れるかどうか、という所まで来たわけだ。長かったなあ。

[ 2008/01/10 01:37 ] TV | TB(0) | CM(0)

何故か混雑

朝のラッシュが二日続けて酷い。月曜以外はこれほど酷くなかったと思うのだがなあ。

・ミラーマン
インベーダーが宇宙の殺し屋キーラゴンを雇って、ミラーマンを挑発する。罠だろうが、面子の為立ち向かおうとする京太郎を、先生は、もし行くのならSGMとしての資格を剥奪すると言ってまで静止する。全ては京太郎の体の為をおもってのことだったが、度重なる挑発に堪えられず、京太郎はキーラゴンとの戦いに赴くのだった。
忍耐力の無いことを叱責されるヒーローって…。まあ事実そうなのだが。一時の感情に流されず、地球を守ることを一番に考えることが大事なのだ、と。にしても、ボロボロの衣装のまま寝かされているのってどうなのよ。

・バンブー
さとりん、ミヤミヤの陰謀により陥落。なんという悪徳商法。しかし、ダン君の居る意味が、ほぼ学力のみのような扱いで泣ける。
で、学校で低予算合宿。予算がないことをネタにされると、この番組自体予算圧縮気味でよくやっているよなあ、という事を連想してしまうダメな俺。

[ 2008/01/09 01:57 ] TV | TB(0) | CM(0)

仕事始め

といっても、大したことしないで、軽く様子見しただけだったんだが。とりあえずやることは、あるのよね・・・。

・獣神
腐りに腐るタイトー。なんか、鬱は嫌だ鬱は嫌だと連呼している気がするが、ここまで引っぱるのも久しぶりな気が。もとが能天気キャラだっただけに、悩み出すと止まらない、というところか。これで死んだと思っていたリュウコウが、敵に回っているとなったら、どんだけ迷うんだか、という恐れはあるな。

[ 2008/01/08 00:33 ] TV | TB(0) | CM(0)

後からみたんだが

鬼太郎がさりげなく作画回で噴いた。
意外なところで良いアニメが見れると嬉しい、ダメオタです。

・俗さよなら絶望先生(新)
冒頭の改造人間ものはさておき、ナミの引き篭もり復帰の思い出ネタ。今回の主役だけあって、よく動いてたなー、と。相変わらず、ネタ濃くってたまらんなあ。どうでもいいが、最近のティエリアさんは怒ってばかりなので、糸色先生と被って見えることがあります。

・マギカ
入信儀礼の話。前振り無しだったので、穂波が落ちこぼれかどうかは特に問題じゃなかったような。もっと、ライバルでありかつ、友でもある、みたいな関係性を描いて欲しかったかも。まあ、最後に「いっちゃんのため」を持ってきたことで、穂波のヒロイン度を稼いだ感じではあるわな。

[ 2008/01/07 00:47 ] TV | TB(0) | CM(0)

日曜1/6

昨日書かなかったから大量だなあ、と。

・オーバン
海賊はどう見ても弱いだろ、と思ったら、実力で敵を排除してたのね。まあ、決勝のルールでは勝てなさそうなので、直接お宝ゲットが目的か。にしても親父はどこまでひっぱる気なんだよ。

・ケロロ
新年ネタ。そもそも姿が見えないのだから、賽銭を投げる必要自体が無かったのは言うまでもない。タママの一円は流石にせこいな。

・persona(新)
いろいろよく分からないけど、子安なので、もうちょっとみようかと(えー

・シゴフミ(新)
初回から父殺しの少女に刺される少年て…。なんか重いなあ。このペースだと人間側はレギュラー無しなのかしら。

・ゲキレン
魂だけでも親父は親父で、ゴウは必殺技を会得のため修業、ロンはやはり裏があって、なんか青白黄色は居なくてもよかったかもしれん。いよいよリオ様も闘うのね。しかし、来週二人相手にすんのかー。

・電王
キンの最期に泣いた。姉さんが標的になった時点で、こうなるだろうということはわかるが、それをきちんとやるのだから、カイはいい悪役だな。なんか手をつっこんでいたけど、これで一体何をすれば時間は変わってしまうのやら。

[ 2008/01/06 12:05 ] TV | TB(0) | CM(0)

13 聖者の帰還

一週空いたので解説
なんというか、実際のあの辺りの紛争状況も、簡略化するとこんなものな訳で、すごく憂鬱になる。宗教って何のためにあるのかねえ。
マリナさんが泣くしかないくらいのダメな状況なのは間違いない。流石の眼鏡もつっこむ余裕もないか。

現場を見に行く刹那
わざわざグラハムに会いに行ったようにしか思えない。つか、なんか残留するものなのか。にしても善良そうな振りの演技がたまらんな、宮野さんは。今回は誘いには乗らない方向のようで、と思ったら、下手に銃なんか出すのがいけないな。せめて地元民兵の振りくらいしとけばいいものを。
で、グラハムさんは口を滑らしてみる、と。ガンダムと関係あると思ったのか、な。

紅龍も連れて行きなさい
刹那の勘により、サーシェスの居場所発見。相変わらずサーシェスの方が上手という感じで、機体性能で何とか競り勝った刹那。まあ、これくらいの戦闘をやってくれると面白い。今回は本気で通信回線開いてしまっていたが、これは後で問題にはならんのか。
逃げた連中はロックオンと紅龍で確保。仮面がどうとかは兎も角、あの距離から姿を見せて、銃弾かいくぐって、敵をたたき伏せるって、どんだけ。もうちょっとプロっぽくはやれんのか。実は、紅龍は囮で、ロックオンが全滅させる手はずだったのかもしれんけど。

乗って下さい
手に乗せて要人を運ぶのかと思った。

態度を示す
エクシア丸腰で王宮まで。まあ、なりふり構わない相手がいたりすれば危険だが、旧式相手なら、武装なしでも何とかなるんじゃないかね。ユニオンは間違いなく、政治的に手は出せないだろうし。
とりあえず、両派閥の頭が話し合いを始めたことで、格好はついた形だけど、それだけで解決するものではない、と。

姫様空気読め
名前で呼びかけるんじゃねえ。何で知り合いなんだよ、と、すごい立場悪くしそうな気がするのだが。結局信じていたのに、特に何もしていなかったという無能な流れが…。
で、まあ、刹那の言いたいことも分かるのだが、神なんか居ないんじゃなかったのかよ、と言っとく。

ここでの仕事はCBの思想を示すことになった、と。これで、世界がどう反応するか、という所で、1クール終了。いい加減刹那の正体バレはありそうな気がしてきたなあ。
あとは、サーシェスのやりたいことが、意外と世界全体に波及するようなことだったりしたら面白いんだがなあ。そこまでラスボス的ではないか。

[ 2008/01/06 02:36 ] 00 | TB(0) | CM(0)
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア