ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  2008年02月

リアルという言葉

『リアル系ロボット』という言葉以来、リアルという言葉は、どうにも胡散臭いものであるような気がしてならない。
とかなんとか、墓場鬼太郎人気の記事を見て思う今日この頃。


>アイアンタートルさん
まあ、分厚くて重いです。京極以外で、こうも厚いのを読むとは思わなかった(えー
とりあえず、君は、そのオチのないコメントの裏に何があるのかと、くやしく話してみなさい(何

>心当たり
調子乗っているっぽい文章書いてしまってすみません。
雑談も極力受けつけるんで、大目に見てやって下さいorz


・カイジ
カイジの嵌った道に完全に踏み込んでいるし。偉そうに語っていたのはなんだったのかと。まあ、会長のプレッシャーが異常なのもあるか。それを言うとあのイカレ会長は何が見たいんだ、って話になるのだが。
んで、次でようやく結果が見れるのか。最後の一枚が表になるまで長いなあ。

スポンサーサイト
[ 2008/02/29 01:46 ] TV | TB(0) | CM(1)

哲学者の密室

笠井潔 創元推理文庫

 資産家のダッソー家で滞在客の死体が発見される。現場は『三重の密室』に閉ざされており、誰にも彼を殺すことは不可能に見えたのだが、死体には背中から刺された後があったのだった。モガール警視が滞在客の正体を追って行くにつれ、誰もが容疑者となり事件は混迷を深めていく。

 始めの密室だけでもこんがらがるのに、それに加えて30年前の密室事件や、『死の哲学』の持つ意味についての議論も挟まったりするものだから、長いことこの上ない。まあ、そのどれもが最終的に関係してくるのだから、外すわけにはいかないのだけれども。にしても文庫1160ページは……。

 で、まあ、密室の作りとしてはこうやって、必然と偶然を混ぜられると手に負えないなあと思うのはいつものこと。が、視覚情報無しの小説だと、手の込んだトリックより、こちらの方がスッと入ってくるのも事実。

 死の哲学とか矢吹駆の現象学的本質直感推理とか、ちょっと普通のミステリから外れた展開の仕方は面白かった、というか興味深い。

 ところで、この本の醍醐味はむしろ『死の哲学』からの脱却にあるのではないかという話。死が身近にないからこそ、それを特別なもの、特権的な死として意識することで、逆に生きることを想う、というのは非常によくわかると言うか、なんだかんだでそういうのが個人的に好きな考え方な訳でして。
 戯言だよなあ、と分かっていつつ、それでまあ強く生きれるならそれはそれでと思いたいところなんだけども、極限的な環境下の話とは言え、こうも崩れて行く過程を描かれてしまうと、どうしたものかと自問せざるを得ないところ。


[ 2008/02/28 01:10 ] 書籍 | TB(0) | CM(2)

仕事選んでー

『ア○カ再び』<パチ屋の広告
宮村さんが来るんだってさー(棒読み)……orz
いや、作品が題材になった時点で逃れようも無いのだけど、どの層にウケるんだろう、か。

・バンブー
どうみてもネオドイツ代表です本当に(以下略
あれはシナイダーの手柄だよ、確かに、うむ。にしても熱いトークだなあ。夜を徹してなんてそうそうやらないぜ(たまにはあるのか
で、たまちゃんの敗北はあるのかなあ。

[ 2008/02/27 01:02 ] TV | TB(0) | CM(0)

ハチマキなんて

中学受験くらいにしておけと思っていたが、いざやっているのを見ると、それなりにやる気ある感じが出ていて困るという……。
いや、まあ、それで希望のところに入れるのなら、それはそれでいいわけで。

・獣神
親子揃って、ベタベタに何か間違った道に入り込んで行きました、という話。だめじゃん。回想シーンの作画がなんとなくぺらい感じなのは、あのハゲのイメージによるものということにしておこう(えー
にしても、ヒゲの奥さんのキャラデザのいい加減なのが笑えたんだぜ?

・ミラーマン
ミラーマンを手にかけてしまったことを思い詰め、自暴自棄になる藤本。特攻を仕掛ける彼を救ったのは、奇跡の力で再起した、ミラーマンであった。
復活の理由は特になしなんだ……。にしてもフェニックスに吊るされて、基地に運び込まれる絵はシュールだなあ。

[ 2008/02/26 01:05 ] TV | TB(0) | CM(0)

最近さ

めっきり踵部分が固くなってきて、年を感じます(何

・俗絶望
五月じゃなくても、大した嘘はつけない性格なので、喋ると大抵本性がばれます。どうしたものか(多分どうもしない きっちり半分てのはメンドイので、出来るだけ頑張るか、バッサリ切るかの人生の方向で。
って、番組の感想なのか、これは(汗
えー、とりあえず、カフカの変装の意味はなんなんでしょ、と。

・マギカ
まあ、いろいろすっ飛ばしているけど、あれくらいしかやりようない、かなあ……。欲を言えば、あの用語解説部分を本編に織り込んで欲しいのだけど、それは初めっから意図的にあそこに入れられてしまっているわけで……。
とりあえず、葛城家は婆さんが一番のツンデレ(えー

[ 2008/02/25 00:49 ] TV | TB(0) | CM(0)

日曜2/24

ああ、寒い。

・シゴフミ
二重人格でした、と。でも、それって、作られた人格の方も生きていることになっているということなのかね。
キラメキの下書き法の変態さは異常。で、それが甘ったれだということで、これからは書けるようになるのかしらん。
それはそうと、フミカの正体についての話が終わって、今後は単発のシゴフミ話でいくのかな。

・ゴーオン
く、黒うぜえ(誉め言葉?
どんだけヒーローになりたいんだよ、こいつら。それにしても、敵の動機が、汚い世界が好きだから、ってのは、なんかかえって新鮮な気がしてしまうんだ……。

・キバ
斬鬼さんと出会った頃の話。と、名護さんが単なるストーカーどころか、ヘタレキャラ一直線だったという話。お前はどっちを守りたいのかと。

[ 2008/02/24 11:56 ] TV | TB(0) | CM(0)

20 変革の刃

三国同盟
っても、ほとんど全世界まとめて、というわけなんだが。
これが目標だったとさりげなく言っているけど、ここまで来れたのはトリニティのおかげの部分も、ということらしい。しかし、その裏にはGNドライブの提供があったりもするわけで、誰が何を知っていてやっているのか。

宇宙に出てるアレハンドロ
こんなところにも介入している人が。みんなして介入介入と、なんだかねえ。
で、横で、なんか似非ララァみたいなことをアムロ声で言っているのが、そこはかとなく笑えると言うかなんというか。怪しいとかそんなこと些細な問題に思えてしまうわ。

今後の方針
本当に仕事をしているのかどうなのか>スメラギさん
まあ、ようやくGNアームズも出来たそうなので、敵のレベルアップにも対応できる、のか? 連携組めるようになったし、腕の方も多少は向上かね。

男の誓いに訂正はない
相変わらず格好良いグラハムさんに感動した。やはりフラッグを魔改造するんですね。コラ沢さんもなんだかんだでちゃっかりやってるし。バカキャラなのに憎めないとは、美味しいなあ。

姉さん逃げてー
どこまで勘なのか疑わしいが、状況を妙に把握しているっぽいサーシェス。ラグナとも直接交渉してるし、どういうことなんだろか。こいつがガンダムもどきを手に入れて、自前で改造とか始めたら、飛んでもないことになりそうではある。
で、結論は、知らない人の車に乗ってはいけません、という話でした(えー 知っていることを全部まとめて話されることが、こんなに恐ろしいとは、面白いなあ。サジの不幸は、ルイスの手の再生が出来ないこともあって、とことん続きまくりの印象。なんの業を背負う覚悟も無く、ここまで背負わされるキャラも珍しいな。

変わらない世界ならいっそ
理想もくそもないじゃん、リューミン。CBへの協力も所詮、世界が変わればどうでもいい、と?

憂さ晴らしのはずが
10機のガンダムもどきにフルボッコなトリニティ組。今まで機体性能の壁に阻まれていた分、むしろ人革組の方の憂さ晴らしだったような。やっぱり、パイロット能力がなあ。とりあえず、3機連携のキャノンの出番があるのかどうかが心配ではある(笑

月面基地?
この世界での月の扱いに関する情報って、見たこと無いのだが、こんなものが200年見つからないでいられるものなのかしらん。まあ、ここでのナレーションによる、ネタばらしみたいなものを期待せざるを得ない(えー

誰が前半戦のラスボスを張ってくれるのかな、というのが当面の関心にあったり。なんだかいやに陰謀めいた話になってきて、誰が勝ち残れるか分からなくなってきたし。
にしても、前回の戦闘に混ざれなくって、ハブられ気味のアレルヤがなんか哀れだな。

[ 2008/02/24 02:15 ] 00 | TB(0) | CM(0)

春一番じゃあるまいし

などと余裕ぶっこいていたら、北風の強風だった。寒い。
昨日からの陽気が吹っ飛んでしまった感。


・オーバン
レースの秘密が、って、まあ、大体わかっていたけど。しかしまあ、どこかの神話の規模を宇宙レベルに拡大したような感じだわな。しかし、これ、最終レースでオチがつくという流れじゃねえなあ。

・ケロロ
うるう年ネタ。無駄にスケール大きいが、最近のアリサはどっちに向かっているのか分からんな。単に変な生き物回には登場しているだけっぽくて・・・。

[ 2008/02/23 20:43 ] TV | TB(0) | CM(0)

どうなんだろ

制服の朝比奈さんって珍しくね>figma


・墓場鬼太郎
ホント軽く死んでいくなあ。悲壮感が無さすぎなのがかえって笑える。
なかなか食えない感じを醸し出すねずみも良いけど、耳から脳内に入り込んで操る目玉の親父恐ろしす。

[ 2008/02/23 02:28 ] TV | TB(0) | CM(0)

Yの悲劇

エラリー・クイーン 訳:宇野利泰 ハヤカワ文庫

 気ちがいハッター家。家族揃って奇矯な性格の持ち主だったばかりにそう呼ばれる富豪の一家があった。その中の一人、化学者のヨーク・ハッターの死体が港に上がった。それ自体は自殺ということで片付いたのだったが、それからしばらくしてハッター邸では毒殺未遂、奇妙な凶器による撲殺事件が起こったのだった。そして、もっと不可解なのは、調査を進めることで出てくる証拠がことごとく別の人物を示唆しているということなのだった。緻密な犯行計画と裏腹な稚拙なミスの示す犯人とは…?

 というわけで、役者で探偵のドルリイ・レーンを悩ます難事件登場。まあ、事件そのものの謎よりも、どうやったら円満解決になるだろうか、という点において苦しむわけですが。

 本格ミステリに求められる条件を満たしている、ってのは、まあ、そうなのかねえ、と。なんというか、解説部分で論じられているところがホントのところなんだろうと思わなくもない。

 つか、エミリーの前夫が死んだ真相ってなんだったんだろうか。ビョーキ?
とりあえず、どっちかと言うと京極堂の出番だったっぽい事件だよね。多分これ。


[ 2008/02/22 00:17 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

食べ放題のあと

10代の頃の食欲はやはりもう無い<一晩明けて思うこと
まあ、あの頃は飲み放題の方は無かったわけで、その分集中していたのかしれないが。
最初こそ元取ろうと頑張るけど、途中でこんなもんだろうと諦めるものなー。酒の方も似たようなもんだけど。

・バンブー
そっちの方面でライバル登場なのか。剣の方も…?
まあ、兎も角も、相変わらずこの番組の力の入れどころは、何か間違っていると言うか正しいと言うべきなのか。

・カイジ
耳ごと外す可能性はありちゃありだったけど、あれは賭けたことになるのだろうか。負けていたら種明かしして突き刺していたのか?
まあ、いらない子扱いされて涙目な利根川はもいいんだが、周りの黒服の慌てっぷりの方が笑える罠。意外と神経普通だなオイ。

[ 2008/02/21 01:09 ] TV | TB(0) | CM(0)

神様ゲーム3&4

宮崎柊羽 角川スニーカー文庫

 前後編仕様なので一度に。

 かのう様を和家がもてなす祭の季節の春。単に祭に招待されただけかと思いきや、黒猫の仮面を被った賊が忍び込むという事態になって、生徒会の面々はかのうの守りを任される事に。今回もかのうの仕組んだゲームなのか、それとも……。

 というわけで能力者集団登場で、羽黒の立ち位置に関する話。これがあるから嘘つき倶楽部の話が生きてくるのね、と。

 和の家としては結構大事な問題なのだけど、表向き神様を盗むなんてのは事件性があるとも思えないと言うのが、緊張感あるのかないのかという気分にはなる。闇のゲームのノリで楽しむのが吉なのか?

 目、鼻、耳と能力故の孤独を抱える三人とついでの花南(酷 こういう悩みを理解して叶えるのって、とんでもなく難しいような気がするけど、良くもまあ食いついていると思うなあ。

 で、そんなことより、かのう様の暗躍の方が気になって仕方ないのはダメな読者なのかしらん。


[ 2008/02/20 02:31 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

シャワーが、壊れて、います

どこかに穴でも開いたらしく、自宅の風呂のシャワーが使えません。すごく不便。
……ああ、かくも文明とは人を堕落させるのか(何


>アイアンタートルさん
河童のクゥは、間違いなく観て損は無いかと。
御大がいないのは残念でしたが、その分楽に整理券が手に入ったと思っておく方向で。

>ni-neさん
あ、向こうの板に蛇足書き込んじまった(汗
なんにせよ情報どもです。
思考回路が一般からかけ離れているのは、多分昔からだろうから、今更気にすることでも無かろうに…。むしろそこを売りにして生きてるようなものでしょうが、あなた。


・獣神
なんかあんまりな寝返りの理由バレ。つか、所有権の放棄を行なえば、次の使い手にチャンスが巡るのかよ。いい加減な剣だなー。
で、そろそろあの女忍者軍団の頭は身の程をわきまえた方がいいと思うんだ。

・ミラーマン
わざわざ同士打ち作戦を宣言してから実行に移すインベーダーもインベーダーだが、そこまでされていながら団地に偽装されたインベーダー基地を素で叩き潰し始めるミラーマンもミラーマンである。そりゃ防衛隊に攻撃もされます。むしろ信じてくれるミタライ博士が偉い。
てか、セブンでも似たようなプロットがあったけど、セブンは中から壊していたような。格が違うな(酷

[ 2008/02/19 00:53 ] TV | TB(0) | CM(0)

前にも言ったけど

レポには敢えて書かなかったけど、上映会とかあそこでやっていくのなら、もうちょいマシな椅子を用意して下さい>国立新美術館

・俗絶望
どうやったら毎度毎度挑戦的な作りが出来るのかしらん。まあ、名前に関してはよく言われるレベルで、百万回に達しているとは言い難いな(当たり前
受験生がいくら手厚く保護されていても、もう二度とあの生活はしたくないので、資格試験くらいで許して欲しい。いや、それすらやってないけど。

・マギカ
鬼編。尺的にどうなるのかと思ったが、割とまとまり良くいっている気がする。無駄に空中戦凝っていたし(えー
結社というのはそういうもの、を地で走る婆さんに対して、孫二人はそうでもない訳で、葛城の行く末危ないんじゃないの、と思わざるを得ないよなあ。

[ 2008/02/18 01:06 ] TV | TB(0) | CM(0)

第11回メディア芸術祭いってきた

富野が来ないので微妙だなとは思いつつ、年中行事化していたこともあり参加。

で、これも流れで軽い報告文を書いとく。

[ 2008/02/17 23:25 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

日曜2/17

・シゴフミ
キラメキぶっ飛んでるなあ。こうゆう演技の力也もいけるよね、と。
で、とりあえず撃ちたくなる気持ちは分からんもでないとして、何でこいつが生きていて、フミカは昏睡状態なのかと。

・ゴーオンジャー(新)
冒頭シーンの上下動が激しすぎて、正視に堪えなかった(笑)
えー、マスクだけでなく、中身もすごく昭和臭がしますが、どうか。いろいろあるけど、赤の中の人の声がしんどいです。

・キバ
親父の振った相手に命を狙われてたという、なんというヤンデレ話(えー
なんというか、それなりに幸せ噛みしめていた描写されたキャラが殺されると、パッと出のモブがやられるのより数段痛いのでした。アレを助けられにゃヒーローとは……。

[ 2008/02/17 22:21 ] TV | TB(0) | CM(0)

19 絆

お前達はガンダムじゃない
喧嘩売られた方は、何のことやらという感じで、あまり乗り気じゃないものの、戦術予報士の方は、これも予定の範囲内なんじゃないかという深読みのしよう。あそこまで反感買いそうな行動していただけに、願ったり叶ったりでぶっ飛ばすものかと。

フォーメーション使っています
訓練はしてたんだろうなあ、多分。で、全然うまく行かなくて罵り合ったりとか(笑
感動されているのには実際笑ったが。それにしてもファング簡単に破られ過ぎ。バスターソードでの接近戦がメインなのかしらん。

ナドレシステム
隠されていた機能は、ヴェーダとリンクするシステムをダウンさせる、というもの。要するに味方殺しが任務な訳で、確かに敵より仲間内に対して秘匿されるべき代物。そう考えると、見た奴殲滅の必要は無かったかしんない。
で、前回から随分存在感を増してしまったリボンズなんですが、そろそろ動き出すのかねえ。アレハンドロより役者が上っぽいんだが。

ロックオン参戦
で、捨てぜりふを放って撤収の兄弟。動揺を誘ったのかも知らんけど、ヴェーダへの侵入を教えてしまったわけで、蛇足のような気も。それともヴェーダを利用できなくする誘導?

ルイスがいい娘過ぎる
出番これで終わりなんじゃないかと言うくらいの扱いだったんですが、どうか。サジマジ頑張れ。黒化して夢を失ったりしたらいかんぜ。

CBからのコンタクト
って、なんなのかと思ったら、GN炉らしきものが南極に眠ってた、という話。でいいんだよな、多分。これでGNフラッグとかが出来るのか、それともますますガンダムが増えるのかどうか。
しかし、こうなると教授が迫っていた、イオリアの新の目的がなんなのかがますますわからんくなってきたなあ。

マイスターになった理由
まあ、大体既に喋っていたわけですが。復讐を遂げた後には、自分自身が裁きを受けるつもりであると。しかし、ま、答えになっていない答えだったものの、ガンダムを体現しようという刹那の意志は表現されてたわけで、割と主役らしく移入しやすくなってきたなあ。
それにしても、「まったく、おまえはとんでもないガンダム馬鹿だよ」といって、刹那を赦したロックオンに対するティエリアの反応の仕方が、そこはかとなくアンドロイド風味なんですが、どういうことなんじゃろう。

だから裏で追うんじゃない
姉さん頼むから逃げてやって下さい。危険すぎる匂いがプンプンします。

戦争の根絶という目標がだんだん怪しくなっていき、世界に潜む悪意と孤独な戦いを始めることに…って、無理矢理アニメ版ハガレンぽくいってみたが、どうか(ぇ
まあ、兎も角積み重ねてきたものが確実に実を結んで面白くなってきたのは事実。先が気になるわ。

[ 2008/02/17 00:34 ] 00 | TB(0) | CM(0)

ブラウザが

どうにも最近サファーリたんの調子が悪かったので、火狐をメインに使うことに。
まあ、別にだからなんだと言うわけでもないが、何で突然読み込みがおかしくなったりしたんじゃろか。

・オーバン
ようやく親父が反省したかと思いきや、今度はモリーの方が生死不明に。あの状態からどうやって復活するのか。つか、もう、勝ち目ってあるのか。
まあ、そんなことより、アレだけ執着していたようなこと言っておきながら、何で初見で気づかなかったのか、というのが一番の問題になるわけですが。自問するだけで終わりか?

・ケロロ
クルル子自重。モンゴルでサッカーとかどうなのよ(笑
後半はばかばかしい『悪の結社』小ネタ集。オチ無しなのが酷すぎるな(誉め言葉

[ 2008/02/16 12:47 ] TV | TB(0) | CM(0)

家が改修されていた

というわけではなくて、塗装の為の足場が組まれていた、という話。まあ、もう十年超えたのよねえ、ここに住み始めてから。長かったような短かったような(何をベタな

・墓場鬼太郎
えー、水木また死んだよ。物価上昇で貧困を極める話のようで、そこここにシュールな展開だらけでなんとも笑える。助けを求める金づるを前に、じゃ、って。しかしホントねずみは優秀だな。

[ 2008/02/16 01:52 ] TV | TB(0) | CM(0)

鉄鼠の檻

京極夏彦 講談社ノベルズ

 京極堂の仕事のおまけに、普段散々世話をかけている妻たちに恩返ししてやろうということになった関口は、箱根の旅館に行くことに。早速仕事に向かう京極堂をよそに、相も変わらず惚けていた関口のもとに、鳥口がやってきて事件が起きて榎木津がやってくるので何とかしてくれと頼まれる。そして訳も解らぬまま正体不明の禅寺の檻の中に踏み込む事になるのだった。

 何と言う禅問答。これを3回くらい読んだらきっと禅について物凄く詳しくなったりするのではなかろうか。まあ、知ったところで何の足しにもならない、というのが重要だと繰り返されているわけですが。

 というわけで、言葉で表せない世界で修業する禅僧相手には流石の京極堂も、戦う前から負けている状態。手に負えないと関わらないようにしている彼がつけ込む取っ掛かりをえるのは何処なのか、というのが面白いところ。しかし、厭だ厭だといっている奴の出番を待ち望んでいるのだから、私も関口のことを馬鹿には出来ないわな。

 因に姑獲鳥のときの久遠寺翁やら行方不明になった奴の出番なんかもあって、ある意味での落ちがつく回でもあるので、過去の記憶を思い起こしてから読みましょう(一年くらい間隔あいていたので全然覚えていなかったオレorz

 悟る悟らないの難しさったらないと言うか、あれだけの威圧感振りまいていて一皮剥けばそんなものかという僧侶たちばかりで、流れに乗って行くのも一苦労。山下警部補の苦労が忍ばれます。つか、一旦崩れてからの再起とか格好良過ぎ。ある意味一番おいしい役どころでした>警部補

 で、清浄な山の中にあったのが、ロリコンブラコンホモの巣窟ってのはどうなんだ(えー


[ 2008/02/15 01:54 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

一番の寒気

という天気予報に負けて、久方ぶりにマフラーなんかを持ち出してしまった。
まあ、それなりに風も吹いていたし、あるに越したことはなかったかしらん。今まで出さずにいたわりに、出したら出したで使い続けそうな俺がいる(何

・カイジ
イカサマがあると知ってしまえば、それを逆手にとって何とかする方法があると言うこと、か? つか、どう考えても会長余計なこと言い過ぎだろ。
あれだけ鼓膜で聴力が云々言っていたくせに、突然鼓膜くらいなら治るとホントのことを言ってしまったのは笑える。どうせこうやって無茶な賭けを始めるわけなのだし、どこが限界かはっきりさせないで話を進めた方が良かったんじゃなかろうか。

[ 2008/02/14 00:16 ] TV | TB(0) | CM(0)

ペースが

ここ二週くらいの読書量が少なすぎる件について。
まあ、えらい分厚のに取りかかっていたのが問題なんで、少し軽いものが欲しいなあ、と(えー

・ミラーマン
いつの間にか完成していたインベーダーの前線基地。怪獣も現れ、地球の危機が。しかし、ミラーマンは変身時に捕らわれの身となってしまっていたのだ。
わざわざ、お前はバッジをよく変身に使うからな、と言って取り上げた上で、実はそのバッジに仕込みをしておいたという、インベーダーの頭脳戦の勝利。が、物理的に壊せば意外に簡単に解決してしまうというのは、詰めが甘い希ガス。それにしてもキックつえーなー

・バンブー
負けた方が良いと言う周りの大人の真意が分からないたまちゃん。は、兎も角、未だ勝ててないミヤミヤの方にライバル登場なのかよ。しかもなんかそこはかとなく年齢不詳だし。

[ 2008/02/13 00:56 ] TV | TB(0) | CM(0)

経済データの読み方 新版

鈴木正俊 岩波新書

 主な経済指標に着目することで何が分かるのか、データはどう作成されているのかを平明に説く本。

 基本的には経済データを出しつつ、それの見方と共に現状把握していく感じで進行。
いつの間にかGNPはGNIになったんだよなあとか、ケインズ式の経済政策ももはやなんともなんだなあとか。まあ、私の経済関係のデータが、大学受験のものなので、それを刷新する意味でもこういうのは役立ちます。

 山のような国債も、自国で買ってもらえている分まだ安心出来るそうで。まあ、しかし何とかしなけりゃならん事は違いなさそうだが。

 しかし、あまり『失われた15年』とか言われても、実感無かったりしたのだけど、データで見せられると中々厳しいもんだねえ。失業率とか労働時間とかがたがただもんなー。

[ 2008/02/12 00:17 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

日曜2/10

週末分まとめて行きます。

・シゴフミ
なんというカイジ漫画の影響…。
は兎も角、いじめられ死んでしまうよりは逆襲してやった方が生き物としては正しい判断なのかどうか、という話。ある意味で哲学的命題な様な気がするんで、これに蓋をしてそれでよしとするのはどうかと思うなあ。

・ゲキレン(終)
最終的にトライアングルで締めたのは評価できると思うんだ。というか、原点を忘れてないって事は、非常に大切だなあ、と。
ちゃんとリオ似の少年まで見つけるという定番展開も素敵。

・キバ
別に訴訟とかそういう問題じゃないじゃない…。ギャグ回につっこむのもアレですが、ね。なんというか、いつもの平成ライダーな感じがしてきたねえ。トレーニングオジサンも加賀美パパみたいなものだろうし(えー

・俗絶望
エンドカードがYASって、どんだけ。
ほとんど単なる追いかけっこであるものが、中の人を交換しまくることによって、奇妙な面白さを得てしまうことに絶望した!

・マギカ
前回の裏側。隻蓮のいい男感は出ているものの、実はこっちの方がヤバげだったのよ感が不足していたかもしらん。しかし、映像化されると隻蓮の術は魔法とかそういうものとは違う世界に見えてしょうがないな(笑

・獣神
流石ベタ展開に定評のある(?)リュウコウ。セリフが定型的すぎるぜ。
とりあえず、星の定めとかそういうのとは違うことも考えた方がいいと思うんだ。

[ 2008/02/11 15:05 ] TV | TB(0) | CM(0)

出る前の印象で

出かけていて諸々観れなかったので、明日まとめて書こうかと。

とりあえず、ゲキレンのラストは、意外にも開始当初に願っていた方向に近くて、何か言い一年だったなあ、と思わされてしまいましたとさ。

[ 2008/02/11 00:53 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

18 悪意の矛先

殲滅するまで
太陽炉が疑似的なものだろうが何だろうが、ガンダムは恐ろしいわけで。どこが突然狙われるとも知らないんじゃあ、気が気じゃないよなあ。
アレハンドロは適当な事言っているけど、結局トリニティ組の存在には誰の意志が絡んでいるのかしら。

アクセス拒否
ヴェーダのお仲間なのか、コピーなのかというところのラグナ。しかし、いろいろハッキングされているところを見るに、トリニティ組の方がその辺優れている? 兄貴は偉大なのか>紫ハロ

墓前で誓う
フラッグ好きだなあ。制式採用までの過程にどんな経緯があったのだろうか。
一方、取材にいそしむ姉さんにも死亡フラグが…。

結婚式
戦闘に巻き込まれてどころではなく、単なる腹いせで、って。平和にバイトにいそしむサジとの対比が泣けてくる。

そんな道理、私の無理で抉じ開ける!!
教授が狙われたかも知れないと言い、負傷しながら整備にやって来るカタギリもいい感じだが、仲間の無念を晴らす為、単独出撃のグラハムカッコいい。血反吐吐きながら一矢報いるなんて、トールギスみたいな話になってきたな。

ごめんね
ヘビーだ……。生きててよかったと思ったのも束の間、一族は皆いなくなり、戦争絡みだったのではみたいな言い方までされて、なんて……。ここまで積み立ててきただけのことはある衝撃だな。

武力介入を開始する
正義の為戦ってくれ、刹那。こういう方向の命令違反なら燃えるなあ。

この時点で完全に撃破、とはいかないまでも、何とかこれまでツケを払わせてやって欲しい。登場してからこれだけの出番で、ここまで倒されて欲しい悪役っぷりとは、凄い展開とも言える。
しかし、予告の感じだとあんまり戦闘長くなさそうなんだよなあ…。

[ 2008/02/10 00:12 ] 00 | TB(0) | CM(0)

今日も今日とて

冷えるなあ、天気悪いなあ。

・オーバン
なんかレースと違う方向に進んでいるんですが……。レースと別の部隊で決着つくんじゃね、これ。
とりあえず、空気読めない主役中心に話進むのはやだなあ、と。毎度のことなんですけどね。

・ケロロ
譲治の出番がなかった件について。アナ掘り変態ネタをやったから、もういいと言うことか…。

[ 2008/02/09 12:11 ] TV | TB(0) | CM(0)

アニメ銀魂はひどすぎる

ぶっちゃけた話、ネタの危険度を時間帯的に考えるに、絶望先生よりやばいんじゃないかと思う今日この頃。ていうか、あんなことやって、ホントに3年目大丈夫なのかしらどうなのかしら。

・墓場鬼太郎
ついにねずみ男の陰謀の全貌が明らかに、ってほどのことでもない訳ですが、あれで寝子さんは猫娘としての道を歩むことになったのかしらん。それで救われたかどうかは兎も角、幽霊族としての鬼太郎の立ち位置もはっきりするわけだ。にしても、ちゃんちゃんこ入れ換え発覚時の目玉の親父との掛け合いは面白すぐる。

[ 2008/02/09 01:19 ] TV | TB(0) | CM(0)

新装版 四次元の世界

都筑卓司 BLUE BACKS

 次元とは何かから始まり、n次元への考察と進み、現実世界における四次元についてと相対性理論の話なんかを扱う本。

 数学的な扱いからすると次元がいくつあろうが大したことは無いのだけど、実際に絵にするのは難しい、というか無理だというわけで。
 1次元からの延長で思考していくぶんにはいいのだけど、八個の立方体からなる四次元正多面体とか意味わからん。

 後ろの半分くらいは時間と空間を同じものとして扱うための相対性理論の話。今更ながら、そう言う話なんだなあ、と改めて思うところも。視点がちと違うためかしらん。つか、ウラシマ効果の加速系のパラドックスってば結局結論出ていないんだったかしら。

[ 2008/02/08 00:09 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

雪が冷たい

自転車で傘を差すのも面倒だったので、みぞれっぽい雪の中飛ばしてみた結果>タイトル
顔にもろに当たるわね。おまけに溶けて濡れるし(当たり前


・カイジ
相変わらずギャンブル向いてない奴だなあ、と。相手を見て何とかするしかないゲームに余計な理論を持ち込んで解決しようとした時点で負けるわなあ。
で、問題は残りの回数で一矢報いるような展開があるのかどうかだけど……?

[ 2008/02/07 01:09 ] TV | TB(0) | CM(0)
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア