ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  2008年05月

出られない恐怖

「あけてくれ!」じゃなくて、混雑で死にかける。
流石にあれはないわ。つか、今日こそ座る気満々で狙って家出たというのにorz

・図書館
むしろブラコンは兄貴の方じゃないの、か?
柴崎がいい感じにやっている一方で、堂上がフラグ立てまくったあげく、ようやく王子様の正体のところにたどり着く郁。
空気読めない議論が続いた後だったからなあ。なんと言うかあの二人は何やってんだろうと。

スポンサーサイト
[ 2008/05/31 02:12 ] TV | TB(0) | CM(0)

雨の日だって動きが遅くなるわけじゃない

が、電車はとても込み合うという現実。
逆に何故か空いている電車に出会うことはないのでしょうか。
以上、月曜でもないのに、一時間座れず立っていた人の嘆き。

通学で電車を使うようになって、はや10余年。未だ席を立ちそうな人の見分けがつかず。

・マ王
例によって例のごとく、みんなで切り抜ければ恐くない。外交的にはヤバそうではあるが。
しかし、賢者似の人は繰り返しばかりで肝心なことを何一つ言っとらんな。まだまだ先は長いのか。ヴォルフラム一人、普通に魔族らしいダメージの受け方で可哀想だったという。頑張って法石集めた敵のことも考えてあげてください。

[ 2008/05/30 01:23 ] TV | TB(0) | CM(0)

インパルスの

なんか思い出したように書いてアレだが、インパルスのPVがプレビューの時点から格好良すぎで困る。
シナリオ気にしないで、ああいう映像みられるって幸せだよなあ(えー
まあ、だからといってキットを組む余裕はないわけだが。

・RD
幽霊の正体みたり、電脳に残った残像。まあ、しかし、むっちりが水着になったらアレだな(何
記憶に侵入されて、性格まで影響を受ける可能性について恐れる話だったのかもしれんが、何より顔芸が印象に残ったという話。

・秘密
改造どころか、ピアスすら謹んで遠慮願いたい。誰が好き好んで痛がんねん。
で、実際展開速度を気にしなければ、MRI必要なかった事件である。ぶっちゃけあんまり映ってなかったし。
秘密を知ってしまって愛せるか、というより、どこまで趣味をあわせられるか、のような。

・ケータイ7
着弾演出の謎が解けました(そうなの?
ビルを自在に操れれば、あんなに恐ろしいことができますよ、的な話。消火用のガスとか恐ろしすぎ。
へたれるのかと思ったら、全然桐原さんカッコいいのな。で、禁じ手使ってしまった7たちの運命やいかに。



[ 2008/05/29 01:15 ] TV | TB(0) | CM(0)

太陽の塔

森見登美彦 新潮文庫

 崩壊しかけた四畳半の中で手記を書く男。内容はその日常。男だけの妄想と思索によって高みを目指し、結果とてつもない高みに達し過ぎ、そこから抜け出そうと努力したものの、更なる深みへと迷い込んでしまった男の、苦く貴重な経験の書。

 どこまでが妄想で、どこまでが夢で、残った部分は果たして現実なんだろうか、という調子の作品。別に元からファンタジーノベルの括りらしいので、どうだろうといいのだろうけど。
 だがしかし、あまりの妄想の疾走っぷりには失笑を禁じえない。飾磨ほどの力があれば、確かに一目置かれるべきだと思うところ。

 要するにこの主人公たる『私』は、自分もまた間違った方に居ると認める事で、また先に進めるようになったのかねえ、と。

 とりあえず、筆者が京都と太陽の塔が好きなんだろうなあ、という感じはひしひしと伝わってきた。太陽の塔、実物見た事無いから分からんけれども、そんなに異形をたたえてるんかねえ。あまりのプッシュっぷりに、なんか興味湧いてきたわ。



[ 2008/05/28 05:41 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

準備の仕方を忘れてる

三週間も実験から外れていると、いろいろ手際が悪くなっていることを実感する。
先が見えない、予定が立たない。不安定にな~る~(何

・隠の
登場人物が片っ端から精神を病んでいて、なんかわくわくしてきたオレ、参上。
日野が黒くて、置鮎も黒くて、救いないなと思ったら、最後おばさんを拾ってあげる仲間がいてめでたしめでたし、と。

・ミラーマン
地球の重要人物をさらいにくる赤い円盤。今度の狙いはミラーマンと、もう一人。
なんというか、京太郎が頑張り過ぎて、無事なのに出て行けないギャグができそうな展開だった。というか、京太郎が真面目にやってしまうと、何でも素直にばらすインベーダーの無能っぷりがあからさまだな。



[ 2008/05/27 01:04 ] TV | TB(0) | CM(0)

夢の守り人

上橋菜穂子 新潮文庫

 夢に囚われ帰ってこなくなってしまう現象が頻発していた。タンダの姪もその一人で、どうやらそれには旅の歌い手が関係しているらしい。眠り続けていては、いずれは命が危険に晒されると危惧したタンダは、トロガイの忠告を無視し、一人魂を追って『向こう側』へ。が、魂と身体を切り離された上、身体を操られ人鬼と化してしまう。

 歌い手ユグノのDQNっぷりには驚かされます(えー まあ、このヌケっぷりにも意味があるという落ちがついているので、いいと言えばいいのですが、中盤以降空気な気がしなくも無い。もっと親子感動の再会とか……ないか。

 謎の"花"とトロガイの過去やら、皇太子としての生活に絶望しつつも成長もしたチャグムとか、さりげなくいろいろ楽しんでいるシュガとか、恩返しにやってきた狩人とか、シリーズ物としての楽しさが増してきたなあ、と。ホント養老先生の解説はツボを突いてるぜ(何

 にしてもここまで、さっさと結婚しちゃえよ、と思ってしまう30過ぎの主役ってのは珍しいな(笑




[ 2008/05/26 01:02 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

日曜5/25

スイスの山小屋風の建物を見て、ララァ登場シーンを連想するダメガノはそうはおるまい(謎

・ゴーオン
赤くなくても三倍、赤いとそのまた三倍、と。特撮としては新しいボケだな(笑
キラメキがどう考えても大臣より強い扱いで、いったい何考えているのやら。謀反パターンなのかね。

・キバ
誰か名護さんを止めてあげて…。ちょっとでも気にしてくれたのが、青空の会のおっさんだけだなんて可哀想にもほどがある。
音也のナイスティーチャーっぷりはいいとして、なんで強いのか分からん相手にごった煮フォームお披露目て。キバットがなんで不調なのかもさっぱりだしなあ。

・ルル2
100万人のゼロ噴いた。もう作戦がどうとか言うレベルじゃなくて、単に口先で誤摩化しただけじゃん。
これで国外に出れて、いよいよ戦争モード、と思ったら特番て。そんなんで視聴率回復は起こりえないので、深夜に回してでもいいからきちんとラストまで放送してください。お願いですから(泣

[ 2008/05/25 23:49 ] TV | TB(0) | CM(0)

まだ何とか頑張れる

飲み会>ラーメン屋、って、どんだけ。
学生時代も終わりに差し掛かってからに、頑張るのもどうよって、話だ>オレ

・図書館
ドンパチやっているよりも、こう情報絡みの陰謀話の方が面白い感じがする。まあ、本気でやったら、走るしか基本能のない主役は出番がなさそうなんでアレだが。

・マクロスF
学校にどれだけ役者が集まってくるのやら。これであの謎のパイロットまで潜入していたりしたら笑うんだが。
下積みに苦労するランカに、杉田の陰謀の魔の手が(違 まあ、しかし、どこまで知っててやっているのか分からんが、どこかで墓穴掘りそうなキャラではある。

・ケロロ
明日が来て欲しいかどうか、って話。まあ、どう思うかは状況次第だが、今日に全力をってのは単純だが、なかなか難しい。常に『明日』は不安なものよのう。
つか、将来設計とか考えて生きれた時代なんてホントにあったんかいなと思う今日この頃。いや、NHKが朝から若者の消費が少ないとかいう特集しててさー。どうやって消費を刺激するかってより、なんでそう考えているのかをまじめに考えろよ、と思うわけなんよ。「誰が政治をしとるのか」byねずみ男


[ 2008/05/24 15:30 ] TV | TB(0) | CM(0)

闇の守り人

上橋菜穂子 新潮文庫

 新ヨゴ皇国の皇子チャグムを救った用心棒バルサは、養父ジグロの供養と自身の気持ちの決着をつけるべく、25年ぶりに故郷の国に足を踏み入れる。だが、彼女の帰郷は未だくすぶり続ける、前王の行為の生んだ闇を目覚めさせるのだった。

 何でジグロは天才かつ人格者だったというのに、その弟はとことんまでに性根の腐った奴なんだろうか……。

 バルサが槍使いとして最強なんだなあ、という話。ではあるんだけれども、一方で、それ程の強さを見せるバルサの中にくすぶる怒りがどう放出されるのか、というところがポイントかね。これだけ過酷な生き方をしたら、自分自身の命の価値をどう計ればいいか分からなくなるだろうからなあ。

 しかし、ヒョウルと山の王に支えられることで国が存在するとか、ファンタジーなんだよなあ、と。散々、『向こう側』見せられているものの、主役が基本的に物理的な行動をする人なので忘れそうになります。

 あと、冒頭の人物紹介と用語集の量で一瞬絶望的になったのだけど、中身はいたって読み易いのはうまいと思った。




[ 2008/05/23 00:29 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

広い低温室には風が吹く

つまり、体感温度は4℃どころじゃねえ!(どうでもいい
しっかし、昨日は曇りまくりだった眼鏡が、今日は曇らないんだから、たいした湿度の差だわね(もっとどうでもいい

・RD
犬には犬の分というものがあってな……。
まあ、確かに、三代に渡って犬に愛情注いでいたら、なんかおかしくもなりそうではある。その結果が、犬との融合じゃあ、はた迷惑だろうけど。

・秘密
ベッドの下の遺書を見つけられず、あげく不審死の疑いを持たせる傷までつけちゃう息子の無能さに乾杯(えー そりゃ遺産なんてあげたくなくなるわ(違
結局、顔が見えない原因はつかめなかったのか。つか、初めと終わりで、すごい被害者のイメージ変わっちゃっているんですが。せめて、運転手にくらい好印象だったことにしておけば、未だ違和感なかったんじゃなかろうか。

・ケータイ7
あいかわらずギャグが古くさいぞ、もっとやれ(えー
ケータイ小説で、おっさん小説家を丸め込むのはどうかと思いつつ、それは言った本人も釈然としていないので、気にしないことにする。
『友達だから』で、フラグ立っちゃう7萌え(笑



[ 2008/05/22 01:41 ] TV | TB(0) | CM(0)

昔の関智を聞く

初見だと、絶対チンプンカンプンであること間違いなし、と頭の片隅では認識しているのだが、シナリオを熟知した身だと、良い第1話に見えるという>Gガン
Vはやっぱりダメだと思ったんだけどなー(だからアレは3話からだと
ベルチーノ警部がハードボイルドすぎて、なんのアニメだか分からんぜ(笑


・ミラーマン
インベーダーへと打って出る研究を始めたSGMに対し、インベーダーは研究者を次々に暗殺するという手段により、妨害を始めた。御手洗博士は、これ以上の犠牲を生むわけにはいかないと、研究の中断を考える。しかし、それでは死んだ者たちの無念が晴らせないと説得され、SGM内部に場所を移して再開を決定するのだが、今度は怪獣による襲撃で野村がさらわれてしまい…。

結論:目先の感情にとらわれて行動すると、何もかも失ってしまう
という話。結局何も得るもののない負け戦だよー。つか、ミラーマンがレーザーなんたらをせめて破壊せずに置けば、まだ何とかなったような。
しっかし、みんなしてやっていることがハチャメチャで、ついて行きづらい話だったなあ。

[ 2008/05/21 01:55 ] TV | TB(0) | CM(0)

確り閉めよう

粉茶持ち歩いてたら、鞄の中で漏れてたorz
まあ、砂糖入ってない分ましか。
みんな気をつけようぜ(何

・隠の
何この金だけ受け取って、仕事は下請けに丸投げの悪い会社(違
しかし、命削ってまで人の心読みたいか、と言われると微妙。用法用量を守れば結構便利で、リスクもそんなにあるようには見えんが。ていうか、「飯綱」で心を読むって発想はなかったな。そういう昔話とかってあるんかしら。

[ 2008/05/20 06:47 ] TV | TB(0) | CM(0)

リプレイ

ケン・グリムウッド 訳;杉山高之 新潮文庫

 ジェフ・ウィンストンは1988年10月18日突如心臓が停止して死んでしまった。しかし、その一瞬のあと、25年遡った自分に気づく。未来を『知っている』ことを利用して、大金持ちになる。しかし、やはり同時刻の自身の死は避けられず、再び人生をやり直すことに。人生の可能性を試す一方で、リセットの恐怖に苦悩するジェフ。さらに数度のリプレイを過ごすうち、次第にリプレイの開始時期が遅れていることが分かって……。

 もし過去の自分に戻れたら、という、設定的にはわりとありがちのような感じはありつつ、凄い深い話になっているなあ、と<解説受け売りじゃ(汗

 で、なんだかんだでリセットされるなんてなあ、イヤだなあと思うわけですよ。今が物凄い良いかと言われると、まあ、そこそこ悪くはないんじゃないのか、というのもありますが、正直もう一遍同じ道(多少変えてもいいにせよ)をやるのが辛すぎるというのも正直なところ。

 高校の勉強くらいはいいとしても、受験とかこなせる精神はちょっともう失っているだろうと。ついでに知識の方も(えー

 で、リセットと言うと、一番に思い出すのが、既にクリアしたRPGの二週目をやる時の気分。
 結構気に入った作品に関しては何週もプレイする方なんですが、近年の大作になればなるほど、仲間とか関係してきた人物と、また最初の出会いからやらねばならないのがちょっと切なくなります。自分でも感情移入し過ぎじゃないかと思うくらいの気分を味わうこともあったりで、どうかと思うのですが。

 もっと上手く冒険できたんじゃないか、と考えてやるんだから、まさしく『リプレイ』しているわけなんで、この作品物凄くしっくりきてしまったのよね、という話。……リアルな人生に当てはめるより先な自分って……orz




[ 2008/05/19 02:15 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

日曜5/18

携帯所持禁止提言とかって、笑えるよな。
と、最近まで持っていなかった人が言ってみる。道具って、使い方次第なんじゃねーのかなー

・ゴーオン
みんなして作戦の先読みしてしまってワロス。てか、若干特撮怪人のやる作戦じゃないよな。何となく円谷ノリというか。
ともかく、とても良いバカ回。悟りを開いて強くなるとこから、ソウル適当セットまで徹底し過ぎ。相変わらず黒はおいしい。

・キバ
音也先生のノリを吹っ飛ばす名護さんの暴走。前回暴れていたのはなんだったのか。というか、彼の敵は結局なんなんだよ。

・ルルR2
やっとルルが戦う理由を手に入れたよ。まあ、それを現実にする日が来るかどうかは大変に微妙なのだけれども。
しかし、まあ、ロロはどこまでルルーシュについていくのかねえ。ボロ雑巾にされる感じには思えなくなって来たけど。

[ 2008/05/18 21:45 ] TV | TB(0) | CM(0)

なんだかんだで予定はなくなる

だらだらと。
まあ、あたしの休日ってこんなんだったよな。

・マクロスF
戦闘。なんか1話まるまる戦闘してくれるガチなロボットものも久々な気がする。
で、伏線たっぷり、音楽かかりまくり、大砲ぶっ放し。いや、すごい戦闘でした。よく作ってんじゃないの。
さてさて、カクカク動いてたバルキリーに乗っていた奴は何者なんでしょ。

・ケロロ
忘れ物の話と宇宙警視の話。
恥ずかしいことをやる方が悪い(笑
宇宙人は振っておけば何とかなるということですね。

[ 2008/05/18 01:15 ] TV | TB(0) | CM(0)

吐き出さずにはいられないものがある

のかね。相変わらず人間は興味深くて、面倒くさいな。

・図書館
ルールがどうとかで怒っている暇があるのがおかしいよなあ。相変わらずどこまで本気なのか分からん。むしろ銃なんか使わず、図書館前で殴り合っている人たち、という方がなんぼか納得できてしまった。
で、まあ、要はまた似た者同士って話で。堂上を上手く使いこなした上官が偉いな。

[ 2008/05/17 02:22 ] TV | TB(0) | CM(0)

精霊の守り人

上橋菜穂子 新潮文庫

 短槍使いの女用心棒のバルサは、川に落ちた皇子を助ける。が、そのことを切っ掛けに、皇子チャグムを、その父である皇帝から守ることを頼まれることになる。父から疎まれる理由である、チャグムに宿った水の精霊の卵を巡る戦いが始まる。

 すごくよく練られた世界観を持ったファンタジーだなあ、と。いや、まあ、アニメで見るまで知らなかったわけですが。

 神話の裏に隠された真実とか、先住民と後から入って来た民族の関係性とか、普通に現実世界のものとして捉えても面白いし。流石、文化人類学者が書いただけのことはあるものです。

 チャグムの、『何故俺なんだ』的葛藤は、この辺りの解決の仕方は人生観を変えるよなあと思うわけで。どういう結論を出すにしろ、こういう経験ってのはかけがえのないものよ。って、自分はどうなんだって話ですが(ぇ

 にしても聖導師はアニメより格好良いのに、ガカイはダメダメなのは何でだぜ? 皇子たちとの関わりの深さの問題なのかなあ。おいしいシーンがなくて可哀想だ。



[ 2008/05/16 01:29 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

咳が取れない

母親とどっちが先になったかを言い争う、不毛な日々。
親子揃って不摂生をしとるからなあ。
ゲホゲホ……

>chilさん
園芸が、あまりに園芸だったので、どう絡めばいいか分からなかったが、そこだったのか。
つーか、そんなにメンタマル星人が好きなのかと。

・RD
すごく、完璧なプロットと呼ばれる本が読みたいです(えー
ミナモの野次馬的好奇心からの行動が、最後に50年越しの波留の恋につながる流れは良い。あの手紙の見せ方も見事で、伊達に浦島太郎ではないという話だった。

・秘密
キヌコ後編。ぶっちゃけ、大体の決着はついていたので、犬の記憶に青木が癒される話だったような。
で、キヌコが処刑された暁には、やはり脳を見にゃならんのだろうか、と思うとあまりに酷な話ではある。

・ケータイ
えー、仮にもエージェントが単独で容疑者に接触を図ってきたんだから、相応以上の対応策を練ってしかるべきだろ。思ったより強くて、ボコられましたじゃ、情けなさ過ぎ。
にしても、不幸になる、の一言で、露骨にとばっちりを受けさせられるんじゃ、ろくな組織じゃねえな(笑

[ 2008/05/15 01:43 ] TV | TB(0) | CM(0)

くーぎーみー

Vガンの後はGガンですよ、姉さん。
玉テレGJと言わざるを得ない。今だからこその平成ガンダムですよね~(何

・アニメギガ
釘宮です。確かに現実問題あの声の人を目の前にしたら、すごい違和感あるだろうなあ、とは思う。顔見ちゃうと(えー
そういえば泰麒だったなあ、という。こういう昔話がこの番組の醍醐味ではあるな。しかしアルの出番がないのは悲しい(そこか ちなみに、シャナは未見でどちらかと言えばルイズよりな私でした(聞いてない
声つけるときの演技がたまらんな。普通に考えたらあり得ん叫び声なんだけど、あんな風にやっているんだねえ。


[ 2008/05/14 01:13 ] TV | TB(0) | CM(1)

そういえば最近

なぜかiPodのソリティアをやっている。
へたれなので、一枚めくりにして。

>のほほんさん
確かに、ランスロットが殴られたときのリアクションとか最高でした(笑
白鳥氏の演技も良い。

>アイアンタートルさん
ぶっちゃけ見ている人の大半は直接会うやうな……。
安心しろ、会うときにはきっと忘れとる(えー
ヘビロテでもしてなさい>別件

・隠の
先生キャラ変わり過ぎ。小太郎から任務もらったかと思いきや、早速違う目的が付いてくるってのはどうなのかと。
すごい制限プレイなので、どうしようもなくって流れ的にどうなんかと。

・ミラーマン
インベーダーを裏切り、地球人になりたいという少女。彼女を信じるかどうか迷う京太郎。しかし、インベーダーは裏切り者に容赦はせず、実の姉に殺害を命じるのであった。
あいかわらずどこをどう突っ込んだものか迷う構成だったのだが、とりあえず暗殺道具がレーザー発射可能なギターってのは勘弁してくれ。笑い死にそうだ。
あと、振っておいて全然ミサイル発射と絡んでなかったのもどうか。

[ 2008/05/13 01:00 ] TV | TB(0) | CM(0)

迂闊にも

ルルーシュの感想を特撮に合わせたので、ネタ不足。
たまには何か日記らしいことでも書いてみるか。


[ 2008/05/12 03:00 ] 日記 | TB(0) | CM(1)

梅雨寒というには気が早い

>アイアンタートルさん
銀行に向かう時間と、銀行の中身をですね(以下略
まあ、この際だから、なぜか残っている旧紙幣つかい切ろうかと(遅っ
マクロスはコンパクトになっても、出力は落ちてないんですよ、きっと。多分、おそらく。
再生怪人は弱いとはいえ、バトルとしての緊張感が、って、ケロロに求めるものではないか。台詞の中途半端さが、狙ったものなのかどうかが肝かなあ。

・ゴーオン
極道宇宙人…まあ、人間ではなさそうではあったが。異次元世界も、異星人も、とゴーオンジャー大変だな(笑
賽の目のシミュレーションまでこなす青の格好良さったらもう。少しは他にも分けてやってください。

・キバ
ルークとの決着はお預け。過去と未来で二重にオチがないのは、フラストレーションたまるなあ。
重機手に入れただけで、大はしゃぎの名護さんワロス。どうせならそれで、ルークに襲いかかるくらいのことはして欲しかったような。このままだと、デカキャラ登場時しか、名護さんいい気になれない(えー

・ルル2
まーた、ナナリー絡みで作戦失敗じゃん。犠牲大きすぎるし。こと妹に関しては読みが甘いというか、考えないで動いているというか。やはり他人のためじゃなく、自分自身が戦う理由見つけないと、今のスザクには勝てなさそう。
やはり、ロイドはラクターシャには勝てんのかな。技術的にも演出的にも(笑 スクランダーだけでなく、腕まで空中換装ってどれだけスパロボ好きなのかと。

[ 2008/05/11 19:52 ] TV | TB(0) | CM(1)

暗号解読 上下

サイモン・シン 新潮文庫

 秘密を守る為に作り上げられた暗号。その進化史は作成者と解読者の戦いの歴史でもある。その流れを豊富なエピソードと共に描き出す本。

 単換字式暗号からカエサルシフト、ヴィジュネル暗号、エニグマ、公開鍵暗号、果ては量子暗号に至るまでを分かりやすく、しかも面白く、という本。こういう風に書かれると、自分でも使ってみたくなるなあ。あんまり意味ないけど。

 アルファベットの暗号の大概は結局頻度分析に破られてしまうとか、戦争で一番役に立った暗号はとある部族の言語だった、とかが面白かったかしら。
 一見バラバラの文字列なんか見せられて、それを一生懸命解き明かそうとする人ってのいるものなんだなあ、と。まあ、ナチスの隣りのポーランドとかの必死さはまた格別だったのだろうけど。

 あとはなんとなく名前は知っていた有名人のフルネームとか経歴が載っているのがちょっと面白かったり。サーなんとかかんとか、とか。偉そうだなあ、と(ぇ

 チューリングには、なんともいえないが、とりあえず合掌せざるを得ない。時代が悪かったのかねえ。



[ 2008/05/11 01:06 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

出費云々と言った

翌日にもっと使うんだぜ?
もうやめて! 引き出し預金の残高は(以下略


・マクロスF
お兄ちゃん意外に物わかりがいいな(笑
毎度毎度ミシェルのアルトいじりが楽しい。不貞腐れているようにみえて、あんな友人いたらいいじゃない。シェリルはシェリルでなんとも王道な対応。ここまでされると次回どんなピンチになるのかと、異様に不安になるな(えー
さて、ようやくマクロス見れるのかしら?

・ケロロ
なんかよくわからんが武者ケロ。だが、やっていることはいつもと同じ(苦笑
田舎言葉は、様になっているような、だからどうしたというような。

[ 2008/05/10 11:17 ] TV | TB(0) | CM(1)

使い込み

妙な物欲センサに引っ張られ、予定していた二つに加えて、BANZAI!購入。
もう駄目だ。

・図書館
親父は何でも知っている。まあ、あれで隠せていると思っている方が変ではあるが。
やはり、本が好き、じゃなくて、本を守ってくれた王子様が好き、ってのがこの物語の最大のねじれだと思うんだよなあ。

[ 2008/05/10 02:42 ] TV | TB(0) | CM(0)

荷造りってのは大変なんだ

と、ひしひし感じる今日この頃。
開けるのはまためんどいんだろうなあ。……きっと開けないのもあるに違いない(えー

・マ王
ユーリの動きがカラ回ってない、様に感じる。まあ、公務は公務でこなせよ、って気はしないでもないが。友達の手助けがしたい、っていう目標のつけ方がいいのかもしらん。
大シマロンはなんかよくわからん組織につくづく利用されっぱなしで、国民が不憫である。

[ 2008/05/09 00:55 ] TV | TB(0) | CM(0)

地震が長い

結構ガタガタきたぜぇ。

・RD
実はミナモ最強説(えー
今回はダイブすることなく、アンドロイドと対決。兄さんはいったい何が専門なのかと思わざるを得ないよなあ。どんだけ格闘マニアなんだか。

・秘密
キヌコ。まあ、オチ知っていて言うのもなんなんだけど、キヌコはいったい何がしたいのかわからんよな。法律の穴を計算して行動しているのか、それとも単に当てつけとしての行動を徹底しているのか。

・ケータイ7
エンジェルk噴いた(笑
今時しゃっくりで死ぬとか、なかなか扱っているネタがレトロ。
電話のときだけ明るいケイタってのが、どう話に関係してくるのかな。


て、書いている間にも地震が繰り返し。大丈夫か?


[ 2008/05/08 01:20 ] TV | TB(0) | CM(0)

核兵器のしくみ

山田克哉 講談社現代新書

 超巨大エネルギー、核エネルギーはどのようにして生み出されるのか。核分裂・核融合の原理や放射能の影響までを、初歩からざっくりと解説する本。

 序盤の原子とかの基礎科学知識あたりは、ざっくり過ぎて不安になったりもしましたが、内容の方向性からしたらしょうがない。というわけで、主題の核兵器というか、核分裂の連鎖反応についてはなかなか分かりやすくていい感じ。
 ウラン235は0.7%だけですって。もうちょっと多いものと思い込んでた。連鎖反応は遠い感じだわ。

 まあ、一番の収穫は核融合反応編なんですが。弱い力の方が働く、陽子から中性子への変化を伴う反応は起こり難くて、それがないD-T(重水-三重水素)反応とかは割と起きやすい、と。
 だから、ミノフスキーイヨネスコ炉はヘリウム3なんだよなあ。反応後に出てくる分も陽子だから捕まえやすいし。木星にでも行かない限り、滅茶苦茶手に入れ難いのだけど。
 閑話休題。

 で、なんにせよ、ひとつひとつの原子の反応だけで、MeV単位のエネルギーが出てくるというわけで、実際問題こんなもんが実戦で使われないことを祈るばかり。平和利用といっても、化学反応との桁の違いってものを、感じないとやはり使ってはいかんものなんだろうなあ、と。人間の叡智ってやつに期待したい。

[ 2008/05/07 01:25 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

晴れのような曇りのような雨のような

結局のところ、先週までの予報はなんだったのか、という疑問はどこにぶつければいいのか。

・隠の
声が常に置鮎なので、変化は関係ないな(笑
まあ、ともかく青臭いことを言う先生が小太郎に叩き伏せられる話だった。なんか先生が主役っぽく見えるな。

・ミラーマン
宇宙からやってきた”黒い怪獣”を兄弟のように世話をする少年。ところが、インベーダーはその怪獣を利用した侵略作戦を立てていたのだ!
どう見ても牛です、本当に(ry 巨大化したとたんまったく別物です、本当(ry
ドラマとしては、怪獣を救えず、葬ることしかできなかった京太郎の後悔があって、まとまっているのだが、怪獣デザインがどうかと思うんだよ。

[ 2008/05/06 01:30 ] TV | TB(0) | CM(0)

役に引かれたんじゃないかと心配になった

BS11の声優アワードでの神谷さんのインタビューが、思いのほかシュールな受け答えで、絶望先生やりすぎたんじゃないかと思った。
取った賞は助演なのに(笑


・ルルR2
スザクがうざすぎる……。
まあ、いつものように作戦が上手く進んでしまって、ナナリー利用の可能性を想定してなかったルルが悪いと言えば悪いのだが。
しかし、やはりというか、学園の状況設定はすごい力技だわな。

[ 2008/05/05 01:06 ] TV | TB(0) | CM(0)
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア