ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  TV >  戦いの中での死は美しい

戦いの中での死は美しい

・ケータイ捜査官セブン(終)
一年を締めくくっての最終回スペシャル。特撮としては結構優遇されている気がするんだが、金の回りとかそういうことは気にしない。つか、ライダーとかでもこういうシステム採用して欲しいような。
それぞれがそれぞれにとっての理想や願いを持って生きていた中に、ただ破滅だけを見ていた男、間明。引き起こした被害に対して、余りにも幼稚な精神性が、殴ることすら勿体ないという感じのケイタの行動に現れていて、一層泣けます。
タチコマ然りですが、AIの成長における最終局面が自己犠牲の精神として現れてしまうのは、それが人らしいということでもあるのだろうけど、人以上にもの悲しいものがあるのよね。やはりそれだけ丁寧に成長過程を扱っているからなんだろうなあ、と。





どうでもいいけど、ちらっとみた「相棒」が、セブンと似たような題材を扱っていて噴いた。
スタンド・アローン・コンプレックスの犯罪って、ネタとしての汎用性あるんだねえ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/03/19 02:35 ] TV | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ケータイ捜査官 おもちゃ
ケータイ捜査官のOPにある「明日未来」って文字は○○戦隊ナントカれんじゃー!! の○○みたい... ケータイ捜査官のOPにある「明日未来」って文字は○○戦隊ナントカれんじゃー!! の○○みたいなニュアンスでいいんでしょうか?あと,今日の話でしゃべるケータイが自?...
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア