ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  書籍 >  新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ 3連鎖の鎮魂曲(上)

新機動戦記ガンダムW フローズン・ティアドロップ 3連鎖の鎮魂曲(上)

隅沢克之 角川書店

 プロメテウスを奪いW教授の元を飛び出したカトリーヌを追って出撃するヒイロ、デュオ、そしてトロワ・フォボス。40体のモビルドール・マグアナックを巧みに扱い逃走時間を稼ぐカトリーヌを止める手は?

 どうもカトルの血は暴走を呼ぶんだなあ。カトルが女だったら、本編もこんな展開になっていたかも知らん。基本的な根っこは似たようなもんだし。

 まあ、今回の内容は、トロワ・フォボスとカトリーヌ・ウード・ウィナーの基本的な紹介。相変わらずそっくりさんが登場しまくるのはわけが分からないが。なんか、こう、火星人は地球人のクローンで社会が成り立っているとかそういうことがあるんだろうか。

 プロメテウスがヘビーアームズで、シェヘラザードがサンドロックなんかと思っていたんだが、プロメテウスの方が奪われているんだけど、どうなるのかなあ。


勢いで関係図作った。後悔はしていない。ブロックノイズが酷いのは気にするな(えー
gw-ftd





この期間で、オレの体力は飛躍的に向上した。
だが、それ以上に思考方法が変わったことの方が、オレにとって大きかった。
どうやらサーカスの訓練がそうさせたようで、未来に起こり得る『あらゆる事態を想定内』にするという思考プロセスのおかげで、どんな結果にも冷静に対応することが出来た。
(略)
人はよく『予想外な事態』で対応と誤る。しかし、オレに言わせれば、それは『想像力の欠落』でしかない。
(略)
自分が何かの行動を起こす時は、自信の持てる能力を冷静に分析し、未来のパターンを考えられる数だけ用意して、シミュレーションをする。
そして、行動を実行する。
もし、予想を超えた事態に遭遇したとしても、それは自分の想像力の欠如だから、自己の責任として、結果を受け入れるだけのことだ。
たとえ、オレが死ぬような結果になったとしても、それはオレが選んだ最悪のシミュレートであり、後悔などはしない。
p50

 これくらい冷徹な思考がしてみたいものである。想像力は恐れるためじゃなくて、どんな状況においても後悔しないためにあるんだな。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/09/19 01:47 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア