ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  AGE >  #15 その涙、宇宙に落ちて

#15 その涙、宇宙に落ちて

「お前は私と同じだ」
復讐の鬼、グルーデックさんが全部持っていきましたね。フリットを想ってやった部分が多少なりともあったのかどうか。というか、嫁と娘が出てきたときはもう死ぬのかと。





・ギーラ・ゾイのデファース
ビグ・ザム系かと思ったが、割と軽快に動くというか、GP03D的な構造になっていて、むしろ接近戦していた。
籠の中に飛び込んできた、とか言っていた割にやったことは微妙でしたねえ……。あれはむしろフリットが強くなりすぎたのか? 実はビームサーベルが進化していたのか?

・一方突入部隊は
とりあえず突っ込んでみてから対策考えるもんだから、無駄に被害出ている気がしないでもない。名もなき二人に合掌。
そしてすんなりハッキングできるのはいいのか……。ずっと分断されているわけでもないのかな?

・ラーガンに任せた
任せていい状況なのかどうかが微妙だったけど、おやっさんも後一押しと見てたし大丈夫か。

・ウルフは見た
デシルに対してよりも、ギーラにより憎しみをぶつけている感じがするフリットと、生身の人間を見て驚くウルフ。ここらへんグルーデックの独り舞台すぎたのは残念だったかねえ。

・火星圏への移民の話
連邦が腐っているのはデフォだとして、帰って来た時点で、政治的な手法で糾弾するわけにはいかんかったのかなあ。まあ、隅々までダメそうだし、世論にも期待できないのか。
指導者には高尚な何かがあるようではあるけど、日野っちにクラックス・ドゥガチを越える思想が打ち出せるのかどうか?

・撃てるのか? その覚悟がお前にあるのか?
ギーラさん達のその覚悟があったと言うことなんだろうか?
自分の命を大切に出来ない奴にry


こう、ここまで想定内の設定なのに、どうしてこうなったかよくわからないといえばよくわからない。
見せ方で工夫できなかったんかなあ。
それはそれとして、時間がやたらかかることの解説は……


種は全編通してそうだけど、出撃して終了が多いよなあ。二話完結みたいな雰囲気だよね。雰囲気だけ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/01/22 23:31 ] AGE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア