ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  TV >  面白い話の判断基準

面白い話の判断基準

個人的な話な上にここを読まれている時点で、っていう気もするが、要はある種のトラウマ刺激する系の辛い話が好きなのであろう。
そう、自分はぺぺのことを決して笑えないキャラなのであったという。
なんで初回プレイ時にそういうことに気づけなかったのかね。


・ダンボール戦機W(終)
えーーー、皆さん視聴お疲れ様でした(半年ぶり二度目
別にこうもしなくて普通にホビーしててくれたほうが良かったのではなかったのかと思いつつ、まあ、派手で強けりゃいいのか。あのへん正直いってゲーム的な演出であって、現実的破壊力は皆無とかそういうほうがいいんじゃなかろうか。まあ、そうすると何のための強化ダンボールなのかという話になって破綻が待っているわけですが!
ミゼルとの決着は結局のところ力尽くなのは、テーマ的にはどうなのかとか、ヒロのXラウンダー能力とはなんだったのか、とか考えるところはなんか有りそうですが、私は撤退させて頂きます。

・ジャイロゼッター
危険を予知するサトリとスパイを探すシュンスケ。相変わらず年上に仕事を振られるな。サトリはなんか折角の活躍の機会なのに抜けてる方が目立つけど。
まあ、指揮官とその秘書が腹の探り合いという微妙な状況が続いているので、ここらでなんとかして欲しいところ。
ドルフィーネのバーストはいまいち派手さに欠けるのは、シチュエーションの問題?
関連記事
スポンサーサイト


[ 2013/03/24 01:37 ] TV | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア