ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  書籍 >  ココロコネクト アスランダム 上

ココロコネクト アスランダム 上

庵田定夏 ファミ通文庫

 波乱の修学旅行におけるふうせんかずらの終結宣言からはや数ヶ月。平和な日常を満喫する文研部に迫る様々な『違和感』。その正体に不安をおぼえる彼らの前に今までとは異なる『三番目』が登場する……。

 本格的な事件の為の前準備。短編でも少しずつ伏線張っていた部分を更に焦燥感を煽る感じに。致命的に危機的に。

 最後だけあって、というかふうせんかずらにも目的意識が芽生えたということで、色々と饒舌。SF的な正体バレもちょっと期待したけども、これだけ便利なキャラの住む世界を創造した以上、世界観流用した別シリーズもありかもね、とか思ってみたり。

 これまでは現象が自分たちのもので、仲間内での解決が全てだったところが、周囲の友人から学校全体、果てはその一人ひとりと関係するすべての人、自分たちの信じる世界そのものとの関わりを意識せざるを得ない状況になったわけで、所謂セカイ系とはまた違った問題意識。なんだかんだで、ラノベ業界も進歩しているように感じますね。





「だから、その小さなものを守ることが、そのまま」

ーーー世界を守ることになるんだ。


 主人公、八重樫太一の大勝負の時。青臭くて大甘だけど、世界の問題と自分の問題を地続きに考えることが本当にできたなら、それは世界を守ることになるのかもしれない。面白く楽しく格好よくどこまでも生きれればな、と思う。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/08/12 12:39 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア