ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  ガンダムBF >  9 決戦のソロモン

9 決戦のソロモン

手塩にかけたガンプラが破損しての敗退はトラウマもんなんじゃないかっていうのはすごい壁だなあ。



・真剣勝負
まあ、なんだかんだで悪い奴はいない勝負の世界がガンプラバトルの人たちである。プラモ部は犠牲になったのだ。
敵を軽んじるのは許さないスレッガー。再び戦うために立ち上がるギャン子。

・勝利が必要なのだ
戦いで壊れることを恐れて最初の一歩を踏み出せなかったセイ。上級者にボコされて一時はファイトから遠ざかったユウマ。そして、全国大会のレベルに圧倒され、自らの機体で戦うことを避けて外注するスドウである。
壊れても何度でも直して戦うメンタルを手に入れるのは結構大変なんじゃないか。。。

・協力者
かつてのライバルが手を貸してくれる展開。早いなw

・ソロモン
宇宙空間と要塞内部に分かれたステージ。
トライファイターズはユウマを先行させて足止めした敵を、要塞を抜けた二機で挟撃。対するGマスターは外でメガ式を待機させて、残りが追い立てた敵をメガランチャーで沈める、と。まあ、だいたいこんな感じの作戦かな。ランダムでステージ決まる割に、よく作戦立ててるな。

スレッガーは宣言通りに拳法を把握して技を封じていたものの、前振りを知っているのが裏目に出てやられてしまったような。次元覇王流の使い手が出てくるのか?

メガ式のサーベルは粒子変容ありなので、やっぱ和尚はなんかテクニック持っているんだよな。。。ちゃんと教えているのか。サカイのガンプラの方が上手のようだったけど、そこを捨て身の意地でもってひっくり返したのと、バックパックまできちんととどめを刺して置かなかったのが敗因かしらん。たとえダメージがリアルには反映されないと言っても、そうそうモデラーが捨て身になれないってことなんじゃろう。スドウの甘さなのかもね。故に自分で作って戦うのをやめた。

分離合体ギミックを両チーム共に見せてくれて、鬼気迫る勝利への執念もあってなかなか良かったんじゃなかろうか。まさかのシンクロ率上昇でファイターダメージが発生し始めたので、こっから何か起こす気なのだろうか?

・燃え上がれ!
クンタラ仮面…じゃなかったメイジンは出てくるだけで面白い。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/12/04 01:35 ] ガンダムBF | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア