ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  G-reco >  第12話 キャピタル・タワー占拠

第12話 キャピタル・タワー占拠

「名誉を挽回する!」
伝統のジェリドさんフラグ。マスクの立場が危うい。


ガンダム Gのレコンギスタ 2(特装限定版) [Blu-ray]

新品価格
¥6,233から
(2014/12/16 21:56時点)


2巻は踊る姫さまとアルケイン。



・アサルトパックが気に入らない
ラライヤ的にはGセルフが覆われているのが嫌らしい? 接近戦をやるのがMSなのに、邪魔なものをつけるな、っていう感じなのかどうか。てっきりいつものように壊されるものかと思ったが、そんなことはなかった。
ハッパさんは前線の実験部隊に送られたの嫌なのかな。まあ、訳の分からない状況に放り込まれているのは間違いない。

・遭難したと見せかけて
キャピタルの憲章を利用して無理やり乗り込もうというのがクリムの策。タワーの対応を見るに、マニュアルに忠実過ぎるところがあるので、入れてしまって、なし崩し的にクリムの入城を止められなくなったんかなあ、と。ザンクトポルトには防衛の戦力ないっぽいし。
一方の一般兵の中にはザンクトポルトが聖域というイメージが有るようで、強行的な侵入には異論があるという。まだまだスコード教は影響力あるわけだ。

・名誉挽回の作戦
マックナイフの尻の二発のミサイルはフォトンアイでミノフスキー粒子下でも使える誘導ミサイルらしい。
ザンクトポルトの宙域に入るまでの戦いでサラマンドラを沈める作戦。しかし、すごい姿勢で撃つミサイルだな。遠距離でしか使わないからいいのか。

・長距離戦対応
一方、アサルトパックもフォトンアイを持っていて遠距離から狙撃できる性能を持っているらしい。ハッパさんの整備を信じるベルリだけど、マニュアルは最後まで読んでいない。なんか不安だったが、横合いから見事にミサイルを落としてみせててすごいな。

・焦るマスク
横からの邪魔をベルリの仕業と感じつつ、サラマンドラの撃沈で名誉挽回はあきらめないで突っ込む。踊るように四肢の火気を連射するスタイルで華麗に戦っているようではあるが、味方もやられるし、バララには焦りを見透かされて叱られるしでいまいちパッとしない。
クリムも「あ、そーれ」ってマックナイフを沈めたりしているけど、ミックには喋るより先に戦えって言われているし、混戦で味方撃ちそうになるして冷静さを欠いている気が。今回の話はやたら隣の女に叱られる男ばかりな。

・ベルリの動揺
こっちはこっちで、聖地での戦闘っていう状況に狼狽えまくりである。一方、一般兵よりも信仰心低そうな姫様はそんなことはすっかり忘れているし。
なんやかんややって、そこそこ被害出た辺りでザンクトポルトに接近したので戦闘は中断。まあ、接近を許した時点でキャピタルの負けっぽい。

・一つ下のナットから
アイーダはベルリにアーミィと戦う決意をしてくれたことを感謝してたけど、アイーダのやっていることもなかなかに友軍を騙しているような。しかし、姫様謎の人気があるな。
ベルリが行くのはともかく、どういう経緯でノレドとラライヤまでGセルフに相乗りになったのか。
ケルベスはいろいろ文句ある感じだったけど、行く先の案内人達は割と平常運転で観光案内している感じで、そんなんでいいんか。状況伝わってない?

・グシオン失望される
ここでも怒られてる男がいた。
時間経過わからんけど、クンパ大佐も来ているし、グシオンも合流していて、二話ぶりにみんな揃ってしまった。前の話から、一週間から10日くらい?
クンパ大佐が妙に冷静なお陰で、クリム一人が強気にやっているようなちょっと滑稽な感じになって、どう収めるんだろうと思ったところで、エマージェンシー。月からの艦隊が、かわいそうな一番乗りさんを一発撃破。
次に何が起こるのか、見てみなければ何もわからない!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/12/13 01:47 ] G-reco | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア