ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  鉄血のオルフェンズ >  2 バルバトス

2 バルバトス

「あんたらが殺しまくったのも……これからあんたらを殺すのも,子供だ!」
子供と戦ってやられたということに動揺を隠せないクランク・ゼント.一方,窮地を切り抜けたものの,生き残った大人達の様子から,自分たちの立場の危うさを感じ取ったオルガは次の計画を三日月に持ちかける.




・雪之丞
こんなところにいるものの中ではまともな大人だということなのかどうなのか,阿頼耶識の反動などについてちゃんと説明しつつ三日月を気遣っても見せる.BARBATOSが読めなかったのは,英語が得意じゃないのか,悪魔の名前まで知る程の文化人じゃないという話なのか.

・マクギリス&ガエリオ
ギャラルホルン特務監査官.地方の仕事ぶりを見に来たようだが,このタイミングなのは何か意味があるのかどうか.

・コーラル・コンラッド
ギャラルホルン火星支部の支部長.とりあえずクーデリア暗殺の主犯なんだが,その目的は反乱の活性化みたいなのも含んでいるので,単に火星を大人しくさせておくというだけではないのか? ノブリスからの資金援助?
ギャラルホルンが強権的なだけなら,クーデリア殺し自体は大した問題にはならなそうだが,他にもなんか悪いことしているのだろうか.

・ビスケット・グリフォン
クッキークラッカーとかいう妹までいる.親はなんて名前なのか...
生き延びるため抗うだけ,という少年だが,修学経験有りで賢いらしい.
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/10/11 21:57 ] 鉄血のオルフェンズ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア