ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  鉄血のオルフェンズ >  9 盃

9 盃

「オルガの意地のおかげで,俺達は夢を見れてる」

 名瀬の案内によりテイワズの首領マクマード・バリストンとの対面を果たす鉄華団.マクマードは名瀬の意思を尊重し,タービンズと鉄華団が兄弟の盃を交わすことを許可する.木星圏で最も恐れられる存在からテイワズ傘下として認められたことで,もっとも安心したのは仲間たちの帰る場所を望んでいたオルガであった.
 一方,バルバトスはテイワズの技術者の手でかつての戦争を終結させたガンダムの力を取り戻しつつあった.



・マクマード・バリストン
名前の割にジャパニーズヤクザだった.ヤーパンニンポー使いとかいるだろこれは.
まあ,それはともかく,ヤクザの親玉としては良心的な人物で大型船歳星(木星の別名か)の生活も火星人をお上りさん扱い出来るくらいには良さそう.
地球圏の情報にも詳しく,クーデリアの行動,というか火星の現状変更が戦争の時代への変化を告げるものであるということを認識し,それをある程度コントロールする立場になろうと言う.次の時代の利益を取りに行っているとも言えるのだが,後半戦の大規模戦争への布石なのかもしれん.エイハブリアクターの数の問題であんま大きな戦争にはならなそうだが.

・フミタン・アドモス
相変わらずの言葉少なさなのだが,姫様の信頼とは裏腹になんだか裏切りそう(というか既になんかやってる?)な雰囲気だけはバリバリ.もらったお揃いのペンダントを付ける日は来るのだろうか.
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/29 21:50 ] 鉄血のオルフェンズ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア