ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  鉄血のオルフェンズ >  #18 声

#18 声

「私は,そんな正義など認めません!」
ギャラルホルンによる虐殺の実態を放送し,世論へ訴えることでギャラルホルンの包囲の動きを抑えてみせたクーデリアの姿に三日月は感銘を受ける.一方,ギャラルホルンの追跡は厳しくなり,地球への降下予定ルート使えなくなった鉄華団.そこに現れ協力を申し出たのが,ドルトコロニーでクーデリアの前に現れた仮面の男であった.




・仮面の男
折角,仮面とカツラで変装してきたのにあっさり三日月に正体をチョコの人と見破られるマクギリス.動じることなく名乗った上で利害の一致を語る.まあ,鉄華団の前に現れる大人の化かし合の壁としては妥当な役回りなのかもしれない.
直接対決するのは大分先になるのかなあ.

・アイン・ダルトン
火星人ハーフだった境遇で冷遇されすぎた所為で,ちょっといい感じの地球人に出会うと却って懐きやすい人物になってしまったのだった...ちょっといじれば主人公になれそうな環境の人なんですが,どういう運命になるのやら.
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/02/07 19:17 ] 鉄血のオルフェンズ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア