ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  クロスボーンガンダム応援企画 >  ゴースト2

ゴースト2

エンジェル・コールと呼ばれるものの実体は,強力な毒性を持った宇宙細菌であった.
全く地球人類の手に余る代物であるが,エンジェル・ハイロゥと対になる切札としての役目を期待され,ザンスカール帝国との交渉の材料として,木星から持ち去られていた.だが,どういうわけか未だザンスカールに渡っておらず,各勢力の思惑が入り乱れる争奪戦が始まろうとしていた.


機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト(2)<機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト> (角川コミックス・エース)






前回で一旦逃げ出したので,いろいろと状況説明.

エンジェル・ハイロゥはVガン本編のザンスカール側最終兵器.サイコミュの力でもって地球人を退行化して眠らしたまま腐らせてしまうという.地球侵攻作戦も,カイラスギリーによる地球へのビーム攻撃も,バイク戦艦による地球クリーン作戦も実質このエンジェル・ハイロゥ完成までの時間稼ぎと言っていい程の切札である.
本作において,当初はそこまでの性能は想定されていなかったため,足止め後のエンジェル・コールが求められていたことや木星が建造に加担していたのは,移民を運ぶ舟としての用途だったため,という説明が追加されている.
どこまでもともとの設定として考えられていたかはちょっと定かではないが,なかなか奇抜なメカに対して面白い理屈を付けるものである.


ここから先,ちょっとややこしくなるのは勢力が分かれていくからで,
1,ザンスカール本流(カガチ派)
2.ザンスカール・ゴールデンエッグズ(キゾ)
3.リガミリティア(民間軍事組織)
4.蛇の足改め宇宙海賊(木星穏健派,ユピテル財団)
5.サーカス(木星傭兵集団)
6.エリン(木星過激派)
ザッとこんな感じで,この感じ改めて考えるとGレコっぽいな.


XG2
良かれと思った活動の為についた嘘が,不信を生み,致命的なズレを生じさせてしまう.
エリンもまた,ドゥガチの単なる信奉者と言うわけでなく,木星のため,人の命のため動ける人間であるだけにこういう事態を引き起こさざるを得なかったカーティスの立場と言うのは苦しい.
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア