ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  鉄血のオルフェンズ >  #41 人として当たり前の

#41 人として当たり前の

「どこまでやる?」

名瀬の葬式に現れたジャスレイは鉄華団を挑発するが,復讐を行なうことは名瀬の意思に反することと動かないオルガ.もはやテイワズそのものを手にすることを狙うジャスレイはさらに強硬な手段をとっていく.立場の弱い者達に,「人として当たり前の生き方」は余りに遠いものであった.





・輸送部門は引き続き
親父は相変わらずいい人で,ヤクザの親分としては大丈夫なのかと不安になるくらいなのだが大丈夫じゃなかった...怖いところを見せて欲しい気もするんだがどうなのか.

・子供欲しいの?
流石ミカさんやでえ...しかし,作り方とかわかってんだろうか...わかっててもガンダムの中でやることになりそうなんだけど(薄い本の流れ

・もう一度よく考えろ
ラスタル様優しい...いや,まあ,こっちもこっちでヤバい人なんだけど...イオク様は絶対わかってないし,次もジャスレイに使われちゃうんだろうなあ.

・やっぱりヤクザ映画だった
うーん,この理不尽.MSパイロットがMS戦じゃないところで死ぬのって誰かいたっけ.ミハ兄くらい?
アジーさんの悲痛な叫びがしゅごい.

・全て根こそぎ叩き潰せ
それでこそのオルガだ.という感じなのだが,その先に待っているのがマッキーなのでな...マッキーの約束ほど当てにならないものもない.
まあ,でも,ジャスレイが早めに親父への謀反を見せてくれれば,盃返上は無しでいけるかもしれないからまだなんとかならないかな.
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/01/29 21:56 ] 鉄血のオルフェンズ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア