ひねくれ者の駄文

世のため人のためにならないことを全力で。
ひねくれ者の駄文 TOP  >  鉄血のオルフェンズ >  #49 マクギリス・ファリド

#49 マクギリス・ファリド

「こんなにひどいことされても」「許してしまうかもしれない」

誰の力も頼らず,何の悲壮感もなく,ラスタル艦隊に独りで戦いを挑むマクギリス.その狂気を,歴史に名を残すだろうと述べたラスタルの言葉は最大の評価だったのかもしれない.





・どこの誰でもだ
オルガの死で血気に逸る鉄華団を抑えたのは三日月の言葉だった.オルガと三日月の関係がどこかで壊れるかもと思ったが,んなことはなく,こうなったとしても少しも揺るがない程に一致していたわけだ.

・ハッシュ
死者のために戦ってきた,二期新人は死者を越える事なく死んでいった.阿頼耶識なしでよく頑張ったが.
三日月に救われたのかもしれないが,もうちょっとなんか無かったのかな...

・私も汚い大人の一人だ
救われた方の「孤児」であるジュリエッタ.ラスタルの前での語りが,最強の孤児,三日月・オーガスとの戦いでどう出るかだなあ.

・俺を見ろ
ここまで来るのに長かったなあ.なんで今まで本気で戦ってなかったんだっけ(ぇ
シャアとアムロとはまた違うんだけど,この二人の場合は本気で親友だったからこそぶつからなきゃならんかったという感じかなあ.
理屈は無いけど感情ラインでは確かにそうなんだ.っていうのは,この物語全体のいいところであり,問題点でもある...
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/03/26 22:55 ] 鉄血のオルフェンズ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言+個人メモ
プロフィール

彼方

  • Author:彼方
  •  管理人紹介
    ・風来の結晶屋
    ・労働力、売るよ!

    知人に絡み辛いと言われつつ、為にならない文章を淡々と書き続けるのが目標である。
ブログ内検索
広告エリア